FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

早漏と遅漏 

前回の続きで、今回は持続時間について書きます。

『ゆっくり愛して、長〜く愛して』っていう大原麗子さんのコマーシャル覚えてますか?
これは、セックスの挿入時間に関して言ってる訳では無いですが、年を重ねるとこんなセックスをしたいと思ってる人は多いと思います。ただ、単純に長く愛そうとすると持続時間が欲しいと考えがちですが、基本的に違う。この辺りをハッキリさせようと思います。

『挿れるとすぐ終わっちゃう・・・』

この悩みを持つ男は少なく無い筈。早漏と言われ、巷に早漏対策とか、長く持たせたいと思ってる男の為のサイトやサプリ、薬、トレーニング方法など色んな情報が紹介されている。
という事は、この情報を欲している男が沢山居るって事だし、調べている男も多い。つまり、早漏じゃないかなって悩んでる男が多いという事です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: ペニス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  早漏  遅漏 

[edit]

tb: -- | cm: 1

太くて長いペニス・・ 

不倫の関係に関して書いていて、
当時の彼女とのセックスについて思い出した事が幾つかある。

ノーマルなセックスであっても、女性にとって経験した事のない快感を経験しちゃうと、一時的にはその男に好意を抱いている錯覚に陥る事は時々発生するようだ。セックスレスからの久しぶりセックスなら男としては容易にその状況には持って行けるが、定期的では無いにしろ、時々セックスを楽しんでいる女性が相手となると、そう簡単に満足してもらえるとは限らない。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ペニス  女性器  ボルチオ 

[edit]

tb: -- | cm: 2

究極の不倫⁉︎ 

不倫の話はこの辺にします。
最後に、破局を迎える事なく安定した関係を保つには、どうすればイイのか?
に関して考えようと思います。

多くの男は、別に安定した不倫関係なんて望んでいない。男にとっては継続的に『つまみ喰い』できればきっと最高。ただ、そんな事を繰り返していたら、いつか破綻を来すのは確か。ひとりのパートナーで、変化に富んだセックスができるとか、他では得られない快感を得ることができるという特別な関係が実現できるならそれに越した事はない。

女性は、本能的には色んな男を望んでいるのではなく、能力の高い男を望んでいる。セックスに於いても、この人に代わる人はいないと思える男が現れれば一緒にいたいと強く思う筈。味わった事のない快楽を与えてくれる男。典型が、初めて『逝く』という快感を教えてくれた男とは離れられなくなると言う事はよく言われる。女性側が『この人じゃないとダメ』と思い、この関係を壊したくない、誰にも知られてはいけない、この人に従って行く。こんな風に決意した関係は中々壊れない。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス    不倫  SM  つまみ喰い 

[edit]

tb: -- | cm: 2

『ノスタルジア』って⁉︎ 

最後は、『ノスタルジア』です。
若狭弁護士の言葉を借りると、『若い頃に経験した恋愛をもう一度したい』という事。

男は、40代後半になって来ると自分のキャリアが見えてくる。誰もが思うのが、『俺は、このまま年老いて行くのか・・・』。そんな時に頭によぎるのが若い頃の思い出。『もう一度、恋がしたい』という思いから不倫に走る。これが『ノスタルジア』です。

この年代になって来ると、サラリーマンならある程度の地位になり、自由に使えるお金も増える。会食や飲み会の機会も増えるし、家では少々帰りが遅くなっても気に掛けなくなる。色んな要素が絡んで不倫がしやすい環境になる事も背中を押してくれる。ただ、多くの場合、相手が見付からない。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス    ノスタルジア  不倫 

[edit]

tb: -- | cm: 0

日常からの脱出⁉︎ 

残る二つのパターンですが、『日常からの脱出』も『ノスタルジア』も共に、現実とは別の世界を求めるという点ではよく似ている。

子供が出来て、男にとって女だった妻が母になる。
ひとつ目のきっかけはこの状況にあるのでは。妻は子供に掛かりっきりになり夫から離れる。夜も子育てに疲れ先に寝てしまう事もあるし、仕草も子供を思うあまりに女性らしさ、恥じらいなど、女を感じられないなんて事も。
そんな時、別の居場所を見つけてしまうのが、『日常からの脱出』です。

昼は、職場で身を削って働き、家に帰ると子供をあやしている妻を見ながら食事。
ふと帰りに寄った酒場で会った美しい女性だったり、疲れて職場のデスクで息ついている時に優しく声を掛けてくれた女性社員に思いを馳せ、何かをきっかけに男女の仲になったとしたら、男にとっては掛け替えのないもうひとつの世界になってしまう。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  不倫  日常からの脱出  ノスタルジア 

[edit]

tb: -- | cm: 0

『つまみ喰い』不倫⁉︎ 

それでは、個々のパターンについて考えます。
先ずは、若い頃のパターン、所謂『つまみ喰い』パターンについて。

若い頃の不倫と言うと彼女がいるのに他の女の子とだったり、新婚なのにちょっと間がさして、或いは、もう古い言葉になってるかも知れませんが『3年目の浮気』なんてのもこの部類かも知れない。

『つまみ喰い』って言うだけあって、長く付き合おうなんて気は全くなく、セックスをちょっと違った味で試してみたい。そんな感覚だと思う。これって新婚でも出張なんかでちょっと環境が変わると頭をもたげるし、盛り上がりが冷め始める結婚して3年目位になると顕著かも知れない。きっと仕事を終え、家に帰って毎晩盛り上がるのが落ち着いた頃から、ちょっと違う味をつまみたい。お口直しの後は、また家でと言う感じでしょうか・・・
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  不倫  つまみ喰い 

[edit]

tb: -- | cm: 2

不倫の心理⁉︎ 

今回も、大きく間が空いてしまいました。

アンジャッシュ渡部さんの不倫報道の中で興味深かったのが、少し前になっちゃいますが、若狭弁護士の不倫心理のパターン分析。毎日放送の『ひるおび』でやってました。

不倫をする男の心理を5つのパターンに分けて分析していた。
その5つを紹介すると、
1.夫婦仲が良くても“つまみ喰い”
2.夫婦間の“すきま風”
3.日常からの脱出
4.ノスタルジア
5.根っからの“好色家” という分類になっていた。

流石、不倫絡みの事件をいくつも関わって来られているだけあって上手く分類されていると思った。アンジャッシュ渡部さんは、5の根っからの好色家をベースに、つまみ喰いと日常からの脱出が関わっているパターンという事。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: 不倫 

[edit]

tb: -- | cm: 0

面白い不倫報道・・ 

前回、男の恥垢について書きますと言いましたが、
『不倫』話題が世間を騒がしているので、この話題に少し乗っかります。

何の事か分からんと言う方は居ないでしょうが、ハッキリしておくとアンジャッシュ渡部さんの不倫の話題。この不倫、面白いのは受け取り側の引っ掛かる点が色々と分かれる事。
現在、不倫進行中という人は自分と比較して客観的に見つめるのにはイイ話題かも知れない。

このニュースを聞いた時に引っ掛かる点というのは、女性にとってはここだけは許さないという点でしょうし、男にとっては自分ならこれは無いなって思う点だと思います。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  不倫 

[edit]

tb: -- | cm: 4

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ