FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

オナニーを見たい⁉︎ 

彼女にオナニーをさせて、その姿と表情を見て楽しむ。
そんな欲望に駆られた事ないですか?

男の性癖は多岐に渡っているので、人によっては女性のオナニーを否定する男も居る。ただ反して、オナニーをしている姿を見たいという男もいる。僕は後者で彼女のオナニーを見たい派。

ただ、女性は総じてオナニーを見られたくないと思っている。
『ねえ、家で、オナニーする事ある?』って聞いて、『たまにね』とか『するよ、どうして』って、直ぐにハッキリ答えてくれる女性って少ない。更に、『じゃあ、ここでしてよ!』って頼んでも、『わかった』っていう女性はまずいない。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: オナニー

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: オナニー  セックス  オーガズム  騎乗位  意地悪騎乗位 

[edit]

tb: -- | cm: 2

一番好きな『逝き顔』⁉︎ 

前回、『逝き顔』にも違いがある事を書きました。
正常位の逝き顔は、『人間的逝き顔』。反して後背位の逝き顔は『動物的逝き顔』、加えて、鏡の中なので左右が入れ替わり、いつもの彼女では無い新鮮さもある。

もうひとつの顔、勿論、『逝き顔』に関してですが、最も卑猥で男の本能にハマる『逝き顔』、それは、『騎乗位』での『逝き顔』です。

あれ、矛盾してるんちゃう?

って思った人も居るかも知れませんが、どっちも僕の意見です。久しぶりの時に騎乗位でフィニッシュを迎えようとすると、騎乗位の彼女のエロい魅力に我慢できず、先に終わっちゃう恐れが非常に高いのでやめた方がイイ。これは確かです。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  逝き顔  騎乗位  オーガズム  恋人繋ぎ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

動物的逝き顔・・ 

前回、『逝き顔』を見るなら『正常位』と書きました。
女性のオーガズムに達した時の顔を『逝き顔』っていう単語で括って話してきましたが、実はひとつじゃないって思ってる。

何人かだけだったんですが、長く付き合っていると、女性は色んな表情を見せてくれた。その中には『逝き顔』もあって、『逝き顔』もオーガズムを迎えた時の状況や、感情、相手の目なんかで変わるって、ある時、気付いたんです。

特に、違うのが『後背位の逝き顔』と『騎乗位の逝き顔』。
このふたつについて、順に話して行きます。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  逝き顔  正常位  後背位  オーガズム 

[edit]

tb: -- | cm: 0

射精の後に・・⁉︎ 

射精の余韻の楽しみ方って他にも何パターンかある。

前回は、セックスでの楽しみ方でしたが、成り立つのは彼女も逝く必要が。言うなれば、彼女を絶頂に導いた御褒美みたいなものです。何が気持ちいいのか、女性のオーガズムを彼女の体の中から感じる快感なんて難しい言い方で表現も出来るし、精液を搾り出す感触が震えるほど感じるって言う単純な言い方も出来る。

男の快感は女性ほど複雑ではないので、単純な表現で充分。

つまり、一番は一気に射精する瞬間であり、二番が残り精を搾り出す刺激だと思っている。射精は性的刺激による自らの発露であり、残り精は継続刺激による強制的な放精。結局、精液を出す感覚が男にとっては快感なんだと思う。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  フェラ  フェラチオ  ペニス  射精  オナニー    オーガズム 

[edit]

tb: -- | cm: 2

男のタイミング⁉︎ 

前回の続き、

彼女に『こっちの方が少し好き・・』って言われてから、僕は常にそのタイミングを狙って射精しようとした。彼女に好かれたかったし、気持ちいいって言って欲しかった。
そんな時、再び、彼女の教育的指導が入る。

いつものセックスの合間のベットでの会話、
『ねえ、トシ君・・』
ちょっと、間を空けてゆっくり話を始める彼女、
『頑張ってるのは分かるけど、そんなにタイミングに拘らないで、この前、言ったこと忘れて!』
『えっ、何でですか・・』僕は、思わず聞き返した。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オーガズム  タイミング  快感  射精 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ