FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

キスは好き・・・? 

さて、キスを初めてしたのも、夏休みの事だったと思います。
ただ、キスって言うのは場面によって色んな意味があるように思いませんか?

外人だと挨拶の代わりにと言うものもあれば、行ってらっしゃいのキスとか、おやすみのキス。
他にも外のデートで出来る唯一の体を合わせる愛情表現だったり、セックスの前戯、或いは、挿入後の欲望おもむくままのキスだったりと、ホント多岐にわたる。

そこで、まず場面を限らず、キスの効用ってのを考えようと思います。

基本的に、好きな人とのキスについてです。
男女は勿論、人によっては女性同士だったり、男性同士というのもあるでしょう。
兎に角、キスって、気持ちいいとか、幸せだなぁという気持ちになり、
場合によっては、いつまでもしていたいという気持ちになる。

何故なのか?
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: 愛撫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  キス  ドーパミン  セロトニン  脳内物質 

[edit]

tb: -- | cm: 0

外でセックス・・‼︎ 

書いているうちに、夏のメリットをもうひとつ見つけました。
思い出すと、色んなセックスを経験したのも夏でした。

色んなセックスと書きましたが、
体位とか、道具や技という類ではなく、『場面』という意味です。

夏は、気温が高い。
という事で、人目さえなければ、屋外でも裸になれる。つまりは、セックス出来るって事です。

中学の時、ぼくはまだ興味が無かったんですが、
夏休みに、夜、大阪城まで行って、公園のベンチや、草陰で繰り広げられる男女の営みを覗きに行った事を目を輝かせて話してくれる友達がいたのを思い出します。
ただ、蚊に噛まれて大変だったとも言ってましたが、これって夏だけの事でした。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 性欲

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  キス  バック   

[edit]

tb: -- | cm: 0

背の高い女性・・・ 

最近、忙しさにかまけて、更新できませんでした。
話題不足という点もあるんですが、自由になる時間も少なくて・・・

御心配のメールを頂いたり、スイマセンでした。
もう少し、古くなっちゃったんですが、載せさせて頂きます。


日曜日に、凄く背の高い女性を見かけました。
素知らぬ振りをして隣に並んでみましたが、はるかに背が高い。
きっと、190cm位はある感じ。
がたいもしっかりしてて、きっと、どこかのバレーボールとか、バスケットボールの選手。

顔は、ちょっと鋭めの美人。
肩幅が広くて、バストは大きくはないけど、それなり。
お尻から下半身はがっしりした感じ。
-- 続きを読む --

カテゴリ:

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  バスト  キス  大きな女性  背の高い女性 

[edit]

tb: -- | cm: 2

甘噛みの魅力・・・ 

苦痛の話は、今日で終わりにします。
最後は、やっぱり、『噛む』なんでしょうね。

噛む』でも、『嚙る』でもイイんですが、歯が愛撫に参加するって事です。
この『噛む』っていう行為は、これまで書いた『叩く』や『抓る』に比べると、バリエーションがあって、少し高等技術かも知れません。

というのは、痛さの加減が広範囲で、割合最初の愛撫からでも、『噛む』という行為は使われます。
キスから始まって、唇同士を重ね、舌を絡ませお互いの息を交換。
うっとりする異性の匂いと淫欲を交換しながら滑り落ちるように、愛撫の先は、頬から首筋、耳に移動して行く。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 愛撫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  噛む  甘噛み  乳首  クリトリス  バギナ  騎乗位  正常位  キス 

[edit]

tb: -- | cm: 2

第七章 拘束② 

ふたりは体にバスタオルを巻いたままベットに入った。
俊之は、佳子を抱き寄せキスをした後、バスタオルの合わせに手を滑り込ませた。

『佳子さん、感じやすくなってません?』
そう言いながら、俊之は体を横に起こし、
滑り込ませた右手をゆっくり胸に移動させ、中指で乳首を弾いた。

『あんっ、もう、
感じやすい体にしたの俊君でしょ!
彼も言ってたけど、あれから、私、感じやすくなったみたい』

『へ~、そうなんですか?
じゃあ、こんなのも感じるの?』

俊之は、少し爪を立てて、親指と人差し指で乳首をちょっときつめに摘まんでみた。
-- 続きを読む --

カテゴリ: エクスタシー・パートナー ep2 好奇心

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス    キス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

検索フォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧