FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

おすすめ

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第1弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第1弾『淫夢』

不思議な淫夢を見る二人の性を描く『淫夢』
俊之は、ある日、偶然見つけた散髪屋で、
淫夢の女性とそっくりな京子に出会う。
その京子も、不思議な淫夢を見ていた。

同じ匂いのする男と女が出会った時、
物語は動き始める。

歪な形で覚えた快感の世界を手探りで彷徨う男と女、
エクスタシー・パートナーの第一弾、
『淫夢』是非読んでみて下さい。

避妊はどうしてた・・・? 

大奥の話を書いていて気付いた事があります。

大奥では、将軍の御目に掛かり褥に呼ばれたとしても、
30歳を越えると、辞退するのが習わしになっていた。

この理由としては、仮に妊娠したとしても、出産に危険を伴う。
母体を気遣う面もあるし、産まれてくる赤ん坊に異常が発生する危険も高くなる。
そんな、上手く行っても危険な出産になるなら、
若い、体力のある女性に譲るべきだというのがこの習わしだという事です。

つまり、仮に、将軍とのセックスは辞退するのは良いとしても、
高齢になると、妊娠する事が危険だというなら、結局、女性はセックスができなくなってしまう。
つまり、江戸時代セックスレスは、凄く一般的だったのではないかと思われます。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: 歴史

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  コンドーム  ペッサリー  遊女  大奥  避妊  江戸時代 

[edit]

tb: -- | cm: 0

熟年不倫、その後・・・ 

コンドームに関して、思い出を語って来ましたが、
ここ何年もの間、家以外ではコンドームを使うセックスをした事がありません。

『付けなくてもイイ』という事に関して、
子供が欲しいカップルは別にして、コミュニケーションだったり、逝きたい、感じたいという性欲を満たす為のセックスなら、妊娠の可能性は絶対に排除すべき。
そうしなければ、皆んなが不幸になります。
きっと、セックスに際しても、全てを解放して感じる事もできないでしょう。

そんな中で、コンドームを付けなくてもイイ。
女性側から、私は妊娠の可能性がないので、生で挿入してもイイわよって言ってもらえる。男にとって最高です。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: 男と女 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ペニス  不倫  バイアグラ  コンドーム 

[edit]

tb: -- | cm: 0

ラブホは強い味方⁉︎ 

コンドームに関して、もう一言。

時間があるのに、コンドームが無い。

2回はできるはずなのに、1個を破ってしまった。
時間が来るまでピロートークかペッティングじゃあ、
折角、1度逝ったのも興醒めしちゃう。
やっぱり、デートも、終わった時に満足出来ているかどうかが、重要ですよね。

予備を自分で用意してれば問題ないけど、
忘れる事もあるでしょう。

そんな時、優しい彼女は何にも言わないかもしれないけど、不満そうな様子を見たくないし、変な空気になっちゃいますよね。
こんな時、思わず口から出た一言で空気を変えた経験があります。
-- 続きを読む --

カテゴリ: ラブホ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: ラブホ  コンドーム  セックス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

コンドームの選択・・・ 

ラブホに関して言うと、
もうひとつ気になるのは、『何回するの?』っていう点。

あるアンケート結果を見ると、2回から3回という回答が多いようですが、
前回書いた、サービスタイム使用時なんかだと、もっと回数は増えるようです。

このセックスの回数ってどうカウントするかですが、
基本、射精の回数だと思います。
女性が、逝った回数なんてセックスしてる本人たちにも分からないし、
場合によっては、男が頑張って何度も射精してるのに、
女性は逝かないって事もあるでしょうから、ここで言う回数には、
明確に何かが終わったと判断できる射精しか無いでしょう。
-- 続きを読む --

カテゴリ: コンドーム

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: ラブホ  コンドーム  セックス 

[edit]

tb: -- | cm: 4

夏の出来事⑤ 

高校時代は、2年の夏休みも仲間と旅に出ました。
1年の時の山陰一週間から、四国十日間にグレードアップしたんですが、
友達もできたし、新しい刺激もあったものの、異性との接近に関しては進展はありませんでした。

3年の夏休みは、進学校だったし、勿論、勉強。
まあ、良かったのは、彼女と励ましあいながら頑張った位です。

こうして、幸い、一発で大学に合格でき、大学生活が始まりました。
そして、1年の夏休み、あの北海道旅行に出かけたんです。
大阪から、北海道周遊券を持って、リュックをかついでの20日間の旅。
目的のひとつが、初めてオソソを自分の目で確認する事でした。
そして、この旅の事は『少年としゆきの目覚めと悩み』の中で詳しく書きました。
初めて目の前にした、オソソはグロテスクでもあり神秘的でもあり、
その場で触れようとすれば、触れれたかもしれなかったのに体が動かなかったのは、
その辺りに理由があったんでしょう・・・
-- 続きを読む --

カテゴリ: 性の目覚め

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オソソ  ペニス  コンドーム  初体験  バージン 

[edit]

tb: -- | cm: 2

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ