FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

リアル過ぎる・・・⁉︎ 

女性器を表現する方法として、もうひとつの方法があります。
それは、植物ではなく動物に喩えるというモノです。

以前書きましたが、大学時代に北海道の鄙びた温泉街のストリップ小屋で、
初めてオソソを見た時に頭に浮かんだのは花よりも貝だったのを思い出します。
どう見ても、色といい、その形といい、ストリッパーの大きく開いた股の中央には、
複雑にヒダが重なった、貝の身があった。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: オソソ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  女性器  オソソ    アワビ  ハマグリ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

ボボって・・・⁉︎ 

女性の名器の話、最後に
有名どころ以外を少し書きます。

吊るしボボ』っていうのもあります。
これは、オソソの入口のちょっと入った所が一周に渡ってぷっくり腫れている女性器で、当然のその部分は狭くなってるから、男性自身は押し広げながら入ったり出たり、この圧迫感が堪らない名器との事。

ここで言う、『ボボ』って言うのは、女性器やセックスをさす隠語だったり、女性器を表す方言だったりします。と言う事で、バギナがその腫れた部分を吊るしているような感じなので、『吊るしボボ』と言う名前になったようです。
少々解りにくいんですが、江戸時代から伝わる由緒正しい名器なので、ケチ付けても仕方ないでしょう。
-- 続きを読む --

カテゴリ: オソソ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: ハマグリ  まんじゅう  クリトリス  女性器  吊るしボボ  名器  オソソ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ