FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

セックス用ベッド・・・? 

ベッドの話は今日で終わりにしようと思います。

最後に、セックス用ベッドというのを紹介します。
これは、ぼくも見た事ないんですが、ベッドと呼ぶには疑問が残る、そんなベッドです。
本来、ベッドはセックスするのに適しているかもしれないが、寝るのが本来の目的。ただ、このベッドは違って、セックスをするのが目的に作られている。

それなら、ラブホにあるんじゃって思うでしょうが、ラブホの大きなゆったりしたベッドの代わりにこのベッドが置いてあるとすると、終わった後、体を休めるところがないという事になる。という事で、このベッドはベッドと言うよりも、セックス用の遊具と思った方がイイかもしれません。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オソソ  ベッド  セックス用ベッド  クンニ 

[edit]

tb: -- | cm: 2

面白いベッド・・⁉︎ 

ベッドの大きさと柔らかさについて書きました。
他にも機能的な面、いつもとは違った雰囲気を与えてくれる面、ベッドだけで非日常を演出してくれる。そんなベッドもあります。

勿論、そんなベッドを自宅に持っている人は少ないでしょう。経験したいならラブホへ行く。これしか無いと思います。ただ、最近のラブホはセックスをする隠れ家というコンセプトよりも、非日常を演出してセックスは別世界での出来事だったなんて雰囲気にしてくれるコンセプトに偏った気がします。まあ、これって不倫の場所に使わせて貰ったから、そう感じたのかもしれません。
-- 続きを読む --

カテゴリ: ラブホ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ベッド  ラブホ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

柔らかいベッドは・・・ 

ベッドは大きさ以外にも色んな要素がある。
先ずは、ベッドの柔らかさ。畳の上でのセックスに比べると硬めのスプリングでもマットレスがあるだけで柔らかいので、折り重なっても体への負担は小さくて済む。

ただ、柔らかいのがイイかと言うとそうでもない。
例えば、ふんわりした寝心地が好きという人は、柔らか目のマットレスを選ぶ。ただ、こういうベットはひとりの体重でもそれなりに沈み込む。セックスは体位によってはベッドに寝てるのはひとりですが、多くの場合二人の体重が同じ場所に掛かる事になる。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ベッド  騎乗位   

[edit]

tb: -- | cm: 0

どんなベッドが・・・ 

彼女と寝るなら、どんなベッドがイイ?
勿論、セックスするならって事ですが、やっぱり広いに越した事はない。

前回書いた、シングルベッドに肩寄せあってなんて、思い出としてはイイかもしれないけど、正味、ゴメン。せめてダブルベッド。出来れば、クイーンサイズかキングサイズがイイ。

キングサイズになると、ほぼ正方形のマットレスなんで、横に寝ることもできる。という事はセックスしながら、横に向いてしまってもベッドから落ちたり、首がマットレスから落ちるなんて事はない。アクロバットな体位もなんのその。思いっきり楽しめるベッドサイズです。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ベッド 

[edit]

tb: -- | cm: 0

若き日の・・・ 

結局、行き着く先は寝室。
どこで、始めても時間があれば締めはベッドで。そして、そのまま眠りにつけたらという状況が一番だと思っている人は多いでしょう。

ただ、この寝室にも色んな要件がある。
当然、セックスにおいては、ベッドのスペックは最重要課題。
ただ、思い出のセックスは、平成初期の歌にあるように、若かった2人にはそんなハイスペックなベッドの上で抱き合える環境は無かった。

僕の部屋には、1人で眠るだけのシングルベッド。
そんな、ベッドの上でピッタリくっついて眠り、自然に触れ合って求め、燃え上がった思い出。
セックスは、兎に角、生きる為に生活していた中での大切な思い出だった。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ベッド 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ