FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

オススメ


体と心で感じるセックス
【LCラブコスメ】


巨根⁉︎ 

めっちゃ、開いちゃいました。
新年度も始まり、ちょっとブログも変えて行こうかなって思ってます。
最後に、今回で『絶倫』話題を締め括っておきたい。

これまで、性的持久力の話ばかりしてきたけど、『絶倫』である為には男としての自信が必要。
『絶倫』の条件は、自信と持久力だと思っている。

自信というのは、一度の射精で相手の女性を満足させる自信。持久力はそんな射精を繰り返す事のできる体力。

男も中年、初老となってくると、若い女性相手では自信も揺らいでくる。相手が同年代の女性だと少しは気遣いもしてくれるが、若い女性は体力だけで迫る若い男のイメージを持っているので辛い所も。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: ペニス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: ペニス  巨根  男の自信 

[edit]

tb: -- | cm: 2

ペニスでできる? 

『これが、ペニスでできたなら・・』

小栗旬がやってる焼売のコマーシャルのような言い回しをしちゃいましたが、指マンのようにペニスで女性器を内側から刺激できたらって考える男もいる筈。
しかし、それはハッキリ言って難しい。

何故か?

男も気持ちいいからです。
男だって女性器からの刺激をペニスで受け、感じて昂まってしまう。

諦めるしかないのか?
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  逝き顔  騎乗位  ペニス  指マン 

[edit]

tb: -- | cm: 0

射精の後に・・⁉︎ 

射精の余韻の楽しみ方って他にも何パターンかある。

前回は、セックスでの楽しみ方でしたが、成り立つのは彼女も逝く必要が。言うなれば、彼女を絶頂に導いた御褒美みたいなものです。何が気持ちいいのか、女性のオーガズムを彼女の体の中から感じる快感なんて難しい言い方で表現も出来るし、精液を搾り出す感触が震えるほど感じるって言う単純な言い方も出来る。

男の快感は女性ほど複雑ではないので、単純な表現で充分。

つまり、一番は一気に射精する瞬間であり、二番が残り精を搾り出す刺激だと思っている。射精は性的刺激による自らの発露であり、残り精は継続刺激による強制的な放精。結局、精液を出す感覚が男にとっては快感なんだと思う。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  フェラ  フェラチオ  ペニス  射精  オナニー    オーガズム 

[edit]

tb: -- | cm: 2

セックス のエンドロール⁉︎ 

前回、逝くタイミングの話の中で、男の性感、それも射精の後の感覚に少し触れたので、その点について少し掘り下げてみます。

恋人同士であれ、不倫のカップルであれ、セフレとのベッドであれ、射精の後、男は彼女との繋がりを解き、隣に転がり、二人で天井を向き息を整える。まあ、急いでティッシュを取って寝具を汚さないようにしてからって人も居るでしょうけどね。

ただ、僕は直ぐに離れるのは勿体無いなぁって思います。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ペニス  女性器  バギナ  快感  エンドロール 

[edit]

tb: -- | cm: 2

メンタル早漏とフィジカル早漏⁉︎ 

お久しぶりです。
また、大分空いちゃいました。世間では4連休、どうされているでしょうか?
新型コロナの2度目の蔓延で、会えないカップルも沢山居れられる事と思います。

さて、前回まで挿入時間について色々話してきました。基本的に男が思ってる女性目線で書いたつもりですが、今回は、完全に男目線で書きたいと思います。男にとっても挿入時間が長いって事は快感を長く味わえるって事で、楽しむ時間が長い、当然望ましい。

ただ、早く逝く時の快感は、長持ちする時の快感よりは絶対に強い。何が違うのが、男の感じやすさや経験値に因ることも多いでしょうが、女性側の影響も多い。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  早漏  メンタル  フィジカル    ペニス 

[edit]

tb: -- | cm: 2

カウンター

はじめに

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ