FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

オススメ


体と心で感じるセックス
【LCラブコスメ】


スケベな生き物⁉︎ 

男が『絶倫』に憧れる事は分かって頂いたとして、なぜ憧れるか?

『あ〜あ、それを話題にしちゃあかんやろ⁉︎』って頭を抱える男も居るでしょう。至って当然。誰も自分の妻とのセックスの為に『絶倫』になりたいなんて思っていない。EDの男性が、妻とセックスしたいというのとは次元の違う話。

夫婦は、セックスだけの関係ではなく、セックスも含めて一緒に生活する運命共同体なので、セックスにだけ時間を費やす訳には行かない。二人で一緒に色んな事を解決し、楽しむ間柄なので、寝る前に、時には休日の午後なんてこともあるかも知れないが、充実した一回戦でお互いの性欲を満たせれば良い。決して『絶倫』である必要などない。逆にどちらかが『絶倫』だと違った問題が起こる事もある。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ:

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  絶倫    不倫  スケベ 

[edit]

tb: -- | cm: 2

オナニーの先・・⁉︎ 

もうひとつ、女性のオナニー経験を聞いて男の頭に浮かぶのは・・・

特に、夫婦生活の外に違ったセックスを求めた男女にとっては重要な事。未熟な女性はパートナーの男性の経験に期待を寄せているんじゃないかと思うけど、一方、男性は、どこまで許して貰えるだろうかって云う期待感を持っている。

ここで、オナニー経験が重要な基準になる。
定期的に自分の指でオナニーしてるとか、バイブやローターのようなオナグッズを手に入れてオナニーしてると云うような話を聞くと、ちょっとくらい無理なお願いをしても許してくれる。一緒に楽しんでくれるんじゃないかという期待感が湧く。
-- 続きを読む --

カテゴリ: オナニー

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オナニー  不倫 

[edit]

tb: -- | cm: 0

究極の不倫⁉︎ 

不倫の話はこの辺にします。
最後に、破局を迎える事なく安定した関係を保つには、どうすればイイのか?
に関して考えようと思います。

多くの男は、別に安定した不倫関係なんて望んでいない。男にとっては継続的に『つまみ喰い』できればきっと最高。ただ、そんな事を繰り返していたら、いつか破綻を来すのは確か。ひとりのパートナーで、変化に富んだセックスができるとか、他では得られない快感を得ることができるという特別な関係が実現できるならそれに越した事はない。

女性は、本能的には色んな男を望んでいるのではなく、能力の高い男を望んでいる。セックスに於いても、この人に代わる人はいないと思える男が現れれば一緒にいたいと強く思う筈。味わった事のない快楽を与えてくれる男。典型が、初めて『逝く』という快感を教えてくれた男とは離れられなくなると言う事はよく言われる。女性側が『この人じゃないとダメ』と思い、この関係を壊したくない、誰にも知られてはいけない、この人に従って行く。こんな風に決意した関係は中々壊れない。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス    不倫  SM  つまみ喰い 

[edit]

tb: -- | cm: 2

『ノスタルジア』って⁉︎ 

最後は、『ノスタルジア』です。
若狭弁護士の言葉を借りると、『若い頃に経験した恋愛をもう一度したい』という事。

男は、40代後半になって来ると自分のキャリアが見えてくる。誰もが思うのが、『俺は、このまま年老いて行くのか・・・』。そんな時に頭によぎるのが若い頃の思い出。『もう一度、恋がしたい』という思いから不倫に走る。これが『ノスタルジア』です。

この年代になって来ると、サラリーマンならある程度の地位になり、自由に使えるお金も増える。会食や飲み会の機会も増えるし、家では少々帰りが遅くなっても気に掛けなくなる。色んな要素が絡んで不倫がしやすい環境になる事も背中を押してくれる。ただ、多くの場合、相手が見付からない。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス    ノスタルジア  不倫 

[edit]

tb: -- | cm: 0

日常からの脱出⁉︎ 

残る二つのパターンですが、『日常からの脱出』も『ノスタルジア』も共に、現実とは別の世界を求めるという点ではよく似ている。

子供が出来て、男にとって女だった妻が母になる。
ひとつ目のきっかけはこの状況にあるのでは。妻は子供に掛かりっきりになり夫から離れる。夜も子育てに疲れ先に寝てしまう事もあるし、仕草も子供を思うあまりに女性らしさ、恥じらいなど、女を感じられないなんて事も。
そんな時、別の居場所を見つけてしまうのが、『日常からの脱出』です。

昼は、職場で身を削って働き、家に帰ると子供をあやしている妻を見ながら食事。
ふと帰りに寄った酒場で会った美しい女性だったり、疲れて職場のデスクで息ついている時に優しく声を掛けてくれた女性社員に思いを馳せ、何かをきっかけに男女の仲になったとしたら、男にとっては掛け替えのないもうひとつの世界になってしまう。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  不倫  日常からの脱出  ノスタルジア 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

はじめに

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ