FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

おすすめ

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第1弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第1弾『淫夢』

不思議な淫夢を見る二人の性を描く『淫夢』
俊之は、ある日、偶然見つけた散髪屋で、
淫夢の女性とそっくりな京子に出会う。
その京子も、不思議な淫夢を見ていた。

同じ匂いのする男と女が出会った時、
物語は動き始める。

歪な形で覚えた快感の世界を手探りで彷徨う男と女、
エクスタシー・パートナーの第一弾、
『淫夢』是非読んでみて下さい。

何故、男が・・・ 

男が、女性用のオナグッズを買う理由は大きく分けて二つあると前回書きました。

ひとつ目は、愛撫の道具やペニスの代用として実際にデートの時に男が使う為。
これは、男の性と女の性の違いが大きく関わっている気がする。男は女が逝く姿を見るのが好き、好きな女性とのセックスなら時間が許す限り抱いて彼女を絶頂に導きたい。その絶頂感に喘ぐ彼女の美しさ、更に彼女を堕としたという征服感に喜びを感じる。ただ、問題なのは、何度も続けて男は射精が出来ないという点。男は精液を作る時間が必要なんです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: バイブ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: オナニー  オナグッズ  射精 

[edit]

tb: -- | cm: 2

初体験の思い出・・・ 

お盆休みがあり、長い間空いちゃいました。
申し訳ありません。その間にコメント頂いた方にも返事が出来ずに申し訳ありませんでした。

前回まで、初体験、特に初体験の遅くなってしまった女性に関して書いてきましたが、基本的には早くても、遅くてもそんなに気にすることは無い。その後のセックスをどう楽しめるかという点が大事です。

僕も初体験の相手になった事は数回ありますが、いずれも僕も若かった時代で、ある程度の経験を積んでからという事は無いので、きっと、僕を初体験の相手にした女性はあまり印象にないか、下手くそな奴って言う印象を後になって持たれたかもしれません。因みに、奥さんは僕も彼女も始めてだったので、全く上手く行かなかった。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 初体験

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  女性器  初体験  射精 

[edit]

tb: -- | cm: 2

呼吸法エトセトラ・・・ 

呼吸法についてもうひとつ。

腹式呼吸と云うのは皆さんご存知だと思います。
ちゃんとやろうとすると色々とありますが、
基本的に息を吸った時にお腹が膨らみ、吐いた時に凹む。

それでは、この腹式呼吸と逆になる。
つまり、息を吸った時にお腹が凹み、吐いた時に膨らむ呼吸法って知ってますか?
逆腹式呼吸と云うことですが、ちゃんとした名前で言うと提肛呼吸と呼びます。
この呼吸法、やり方はイメージとしてお尻と性器の間から空気を出し入れする感じで呼吸します。
ちゃんと言うと、肛門と性器の間のツボ、会陰穴から空気を出し入れする感じで呼吸すると、
吸う時には、この会陰穴をゆっくり締め上げるように、
吐く時には、それを緩める。
そうすると、お腹の動きは腹式呼吸の逆になるんです。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックストレーニング

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オソソ  ペニス  射精  勃起力  膣圧  呼吸法 

[edit]

tb: -- | cm: 2

中国4000年の秘技⁉︎ 

ここん処、射精しないセックス書いてきました。
そして、この考え方とか、方法、効果って言うのは、
長年の研究、教えの元に今なお伝えられているものだと言うことです。

セックスって、人の根源的な行為ですから、
文明の発祥とともに、研究され、現代ではその国の文化の一面になっている。
ぼくは、そう思っています。

そして、この『射精しないセックス』は、
中国、4000年の歴史の中で、発展させられたものでもあります。
中国の皇帝は、色んな物語にも出て来ますが、
全てのモノを手に入れた者として、究極の欲求は、不老不死でした。
そして、その研究が、中国の『房中術』の最後に目指すものと言われています。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  中国  射精  房中術 

[edit]

tb: -- | cm: 0

途切れないセックスパワー 

『接して漏らさず』で思い出したんですが、
若い頃に読んだ小説です。

理系の学生でしたが、大学生の頃、通学時は文庫本とか単行本を持って、
電車の中では本を読んでる学生でした。
色んな本を読みましたが、一時期、凄く、半村良さんに凝っていました。

その中に、『妖星伝』って言う長編小説が在ります。
半村良さんが作った伝奇ロマンというジャンルの大作で、壮大な設定の物語なんですが、
その中に出てくる鬼道衆の長が、人間の女性を襲って、
この接して漏らさずの修行をする場面が出てくるんです。

女は、そそり立つ巨根に貫かれ、射精が無いために続く終わりなき交わりに、
最後は気がふれて、狂い、死ぬまで続ける。
女が死ぬまで、射精を我慢できるかっていう修行なんです。

『こんな事、ありえへんな!』
-- 続きを読む --

カテゴリ: 精力

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  射精 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ