FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

意地悪のススメ・・・ 

前回、書いたような微かな刺激によるスロー愛撫に関しては、
週刊誌なんかにもよく出ていたり、ブログにも書かれている事がよくあります。

そして、場合によっては、女性がくすぐったいと感じる場合は、
愛撫する場所を変えるなど、くすぐったいと言う感覚は性的刺激に対しては逆効果になるので、気を付けるようにって、書いてある事があります。

確かに、彼女との場合も、くすぐったくて大笑いして、
『やめて〜、お願い、くすぐったい・・』
って事があります。

特に、彼女をうつ伏せにして、腿の上に座り、背中からお尻に掛けて、
この左右合わせて10本の指でのフェザータッチをすると、
ウエストの括れの直ぐ上の辺りから、悶えるように腰をくねらせ始め、
我慢できなくなって、
『いや〜ん、やめて、くすぐったい』って言いながら、逃げようとするんです。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: 愛撫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  愛撫  刺激  意地悪  我慢 

[edit]

tb: -- | cm: 0

快感の新境地⁉︎ 

前回は、『我慢』について書きましたが、
セックスでは、同じ効果のテクニックがもう一つ有ります。
オナニーでは、コントロールしながらひたすら我慢ですが、
相手の居るセックスだからこそのテクニックです。

もう皆さんお分かりでしょう。
我慢してる我じゃ無いのに逝けない。
もう少しなのに、どうして・・・・
っていう思いです。

このテクニック、持ってるか持ってないかで、
セックスの幅が大きく変わると思います。
ぼくも、若い頃は、女の体を目の前にしたら、ガンガンに攻めて、責めて、果てる。
ってかんじで、考えもしなかったことです。
それが、一緒に楽しむセックスが徐々に出来るようになって、
出来るようになって来ました。
まあ、今でも、我を忘れて突っ走ってること、有りますけどね。

さて、この技って?
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  我慢  焦らし  テクニック  快感 

[edit]

tb: -- | cm: 0

勝敗の行方⁉︎ 

さてさて、今回の勝負、
初日は、お風呂場での前哨戦から、好勝負の二人。
全身『泡』愛撫から、肩での局部攻撃。
それをかわして、膝まづきフェラで受けて立つ彼女。

そして、彼女の言葉で移ったベットで、形成は、一気にぼくに傾いた。
ベットに横たわると、息つく間もなく彼女のバスタオルを剥ぎ取り。
乳房を鷲掴みにしたとたん、口から漏れる声を塞ぐように唇を重ねる。
彼女の力は抜け、体全てを使った愛撫で攻撃され、口をパクパクするしかなす術の無いまま、
鍵指バイブレーションで、上り詰めて、彼女は一回目の頂点に達しました。

勿論、ぼくはこれからって感じで、
そのまま、2回戦の愛撫に入ろうとしたんだけど、
彼女から、
『ちょっと待って、お願い、少し休ませて・・・』って・・・

とは言っても、彼女の逝くのを目の前で見てたぼくの興奮は収まるはずもなく、
少し抑えながらも、乳首やオソソを優しく愛撫していた。
ただ、この時間がまずかった。
結局、彼女に焦らされた形になったぼくは、
挿入後、一気に突っ走っちゃったんです。
こんなに早く出したくなかったのに、興奮は絶頂となり、自らを止めれなかった。

『とし、凄かった』
『としも、逝っちゃったね、嬉しい!』
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  フェラ  我慢 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ