FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

『色』と『恋』・・・ 

江戸時代の話は、この辺で終わりにしようと思いますが、
最後に、上方との比較をしておこうと思います。

この時代、男性の人数が特別多かったのは、江戸だけの話なので、
前回書いたような、女性が、つまみ食いだの、間男と色事だのって状況は、江戸だけの話。
上方では、一般的な、男がちょっかいを出す、普通の不倫状況だったようです。

もう一句、女性が奔放に密通を繰り返した事を読んだ川柳を紹介しておきます。

『間男が 抱くと泣き止む 気の毒さ』

これは、間男が亭主以上に家に出入りしているおかげで、
子供が懐いてしまったという川柳です。
男親にしてみたら、悲しい状況ですよね。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: 歴史

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス      色事  不義密通  不倫   

[edit]

tb: -- | cm: 0

『色』と云う漢字 

ちょっと話題を戻して、『色』についてもう少し考えてみます。

『色事』という言葉について考えてきましたが、
まあ、簡単に言うと江戸時代の書物によく出てくる言い方で、
今、よく使われている言葉でいうと、セックスです。

そして、その行為が上手な男を『色事師』とか『濡れ事師』とか言われます。
元々、この色事師というのは、歌舞伎の世界で、濡れ場を得意とする役者だったんですが、
一般でも、情事の巧みな男をこう呼ぶようになったんです。

でも、女性には使わない。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス     

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ