FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

『色』と『恋』・・・ 

江戸時代の話は、この辺で終わりにしようと思いますが、
最後に、上方との比較をしておこうと思います。

この時代、男性の人数が特別多かったのは、江戸だけの話なので、
前回書いたような、女性が、つまみ食いだの、間男と色事だのって状況は、江戸だけの話。
上方では、一般的な、男がちょっかいを出す、普通の不倫状況だったようです。

もう一句、女性が奔放に密通を繰り返した事を読んだ川柳を紹介しておきます。

『間男が 抱くと泣き止む 気の毒さ』

これは、間男が亭主以上に家に出入りしているおかげで、
子供が懐いてしまったという川柳です。
男親にしてみたら、悲しい状況ですよね。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: 歴史

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス      色事  不義密通  不倫   

[edit]

tb: -- | cm: 0

色事と恋・・・ 

『色事』と『恋』
コメントもこの点について頂いたので考えてみました。

歴史的に考えてみると、
江戸時代の江戸で色事という言葉が使われたように、
上方では、男女の間においても、『情』の関係『恋』が使われていたと、
言われているそうです。

現代に戻って、
『色事』の典型的な例が、
例えば、酒場のカウンターで隣り合わせた見知らぬ女性とそのまま一夜の関係、
名前も告げず、住んでる所も知らない、一夜だけの体を求め合う関係。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  色事    不倫 

[edit]

tb: -- | cm: 0

色事は四十から・・・ 

色事は四十からがおもしろい』
って言葉知ってますか?

この前、不倫報道のコメンテーターが、発していた言葉なんですが、
勿論、色事って言うのは、不倫も含む性的な関係の事。
特に、恋とか、情なんてものが絡まない純粋に快楽を求める性的関係で、
色事』と呼んだんです。簡単に言うと、セックス遊びは四十歳を越えてからがおもしろいと言う事です。

セックスは、経験を積んで、40歳以上で楽しめるんだよ。
って言うことか、勿論、そうなんですがそれだけでは無いんです。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 熟女

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オソソ  色事 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ