04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

はじめに


ここでは、ネットやお友達のブログから拾ってきた、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・
まあ、ぼくのセックス志向も、ノーマルなのかどうか疑問だけど、
こればかりはこれから治すのも大変なので、お付き合い下さい。
一戦交えようと言う女性がいらっしゃったたら連絡ください、頑張りますよ。
なんてね・・・

最近、官能小説にも挑戦しています。
時間のある時に、目を通して頂ければ有り難いです。

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つも貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

よろしくお願いします。

Mr.としゆき

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキングへ

FC2 Blog Ranking

色事と恋・・・ 

『色事』と『恋』
コメントもこの点について頂いたので考えてみました。

歴史的に考えてみると、
江戸時代の江戸で色事という言葉が使われたように、
上方では、男女の間においても、『情』の関係『恋』が使われていたと、
言われているそうです。

現代に戻って、
『色事』の典型的な例が、
例えば、酒場のカウンターで隣り合わせた見知らぬ女性とそのまま一夜の関係、
名前も告げず、住んでる所も知らない、一夜だけの体を求め合う関係。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: 不倫

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  色事    不倫 

[edit]

tb: -- | cm: 0

人肌恋し・・・ 

曇り空になると、一遍に寒く感じる季節になりました。
寒くなると、人肌が恋しくなると言いますが、まさにそんな季節です。

晩秋の
古里に佇む
隠し閨

我待つ妻と
燃える情火


今の世の中、
お互いの肌を温めあう関係の男女であっても、
男が訪ねてくるのを待って、
いつ来るか分からない男でも、来た時には暖かく迎えてくれて、
一夜の快感を与えてくれる女性
そんな、男の身勝手に付き合ってくれる女性はいないでしょうね。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  通い  女性 

[edit]

tb: -- | cm: 2

離れられない男・・・ 

さて、エピソード2も終わって、ひと息ついた所です。

でも、こんな、事ってあるのかな?
なんて、考えながら書いていました。

女性でも、男性でも、初めての時や初めての相手は覚えているものです。
そして、その後、何人もの相手を経験していく中で、
強烈な刺激を与えてくれた相手をどうとらえるのか?
そこを考えたくて、書いてみました。

結局、男のロマンとして、セックス快感で離れなれなくなっていく女性を
描いちゃったんですが、女性にとってこんな事ってあるのか?
ここなんですよ・・・
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  絶頂  快感 

[edit]

tb: -- | cm: 2

貪欲な女・・・ 

この前、不倫に走る、ひとつの理由として、
『このまま、年を取りたくない、もう一度、私を女性として扱ってくれる人に巡り会いたい』
という想いがあると書きました。

勿論、男女の付き合いの中で、女性として扱って欲しいという事になると、
セックスは、重要な行為のひとつです。
ひとつと書いたのは、多分、セックスだけでは無いってところが在るって事です。

そして、セックスに関しては、それほど積極的では無い。
愛されたいというスタンスで、相手の男性に任せて気持ち良くなる。
勿論、抱き合って一緒に逝きたい。
ただ、積極的に相手の男性を誘い、フェラをし、
積極的に自ら導き一体になると言うような行為には至る事は無い。
多くの日本の女性は、どちらかと言うとセックスに消極的なこのタイプの女性ではないでしょうか?
-- 続きを読む --

カテゴリ: 不倫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY