FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


勝敗の行方⁉︎ 

さてさて、今回の勝負、
初日は、お風呂場での前哨戦から、好勝負の二人。
全身『泡』愛撫から、肩での局部攻撃。
それをかわして、膝まづきフェラで受けて立つ彼女。

そして、彼女の言葉で移ったベットで、形成は、一気にぼくに傾いた。
ベットに横たわると、息つく間もなく彼女のバスタオルを剥ぎ取り。
乳房を鷲掴みにしたとたん、口から漏れる声を塞ぐように唇を重ねる。
彼女の力は抜け、体全てを使った愛撫で攻撃され、口をパクパクするしかなす術の無いまま、
鍵指バイブレーションで、上り詰めて、彼女は一回目の頂点に達しました。

勿論、ぼくはこれからって感じで、
そのまま、2回戦の愛撫に入ろうとしたんだけど、
彼女から、
『ちょっと待って、お願い、少し休ませて・・・』って・・・

とは言っても、彼女の逝くのを目の前で見てたぼくの興奮は収まるはずもなく、
少し抑えながらも、乳首やオソソを優しく愛撫していた。
ただ、この時間がまずかった。
結局、彼女に焦らされた形になったぼくは、
挿入後、一気に突っ走っちゃったんです。
こんなに早く出したくなかったのに、興奮は絶頂となり、自らを止めれなかった。

『とし、凄かった』
『としも、逝っちゃったね、嬉しい!』
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  フェラ  我慢 

[edit]

tb: -- | cm: 0

セックスの勝ち負けって⁉︎ 

今回もだったんですが、
最近の僕たちの『マイ・ブーム』は・・・
マイブームってのはおかしいですかね、アワ・ブームって言わないといけないかもしれません。

以前は、ぼくだけが、
『今日は、完敗やな〜』とか、
脱力の中、裸のまま体を起こせない彼女に向かって、
『今日は、完全勝利ヤーーー』って、ぼくだけが言ってたように思うんですが、
最近は、彼女まで判定に参加して、答えを求めて来るんで、
ベットでの会話も、盛り上がってます。

評価が分かれて、ケンカになるなんて大人気ないことはなく、
意外に評価は二人とも同じって事が多いです。
今回の2日間のデートは、一勝一敗の五分で、引き分けでした。

この勝ち負け、何で勝負が決まっているのか?
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  勝負 

[edit]

tb: -- | cm: 4

そんなところで愛撫を⁉︎ 

特攻隊、実践して来ました‼︎

二日に渡る、ここん処、体験したことの無い大戦でした。
と言っても、それぞれ、3時間、2時間とまあ適度な時間ながらも、
初日は、戦い終えて仲良く駅までの道すがら、フラッとする始末。
ちょっと年齢考えないとネ。

そんな中で、面白い愛撫を発見しました。
お風呂での出来事なんですが、
珍しく先に入って、体洗おうか、どうしようかなって思ってた処に、
彼女が登場。
洗ってあげようっていうことになって、スポンジで泡立てて体に付けた後は、
手のひらで丹念に摩ってあげました。

体を密着させて、手のひらで泡を延ばしながらの愛撫
背中から抱きつくようにしながら乳房を洗い、
乳房を胸を使っての泡延ばし、キスをしながら背中を摩り洗いし、
洗い場で立ったまま、ふたりは興奮の中にいました。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 愛撫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オマンコ  オソソ  女性器  愛撫 

[edit]

tb: -- | cm: 0

我ら特攻隊⁉︎ 

昨日は、
日本の『正常位』好きに対し、ちょっと大袈裟に書きましたが、
意外に、切実な問題を抱えている場合もあります。

女性に、絶頂感、所謂『逝く』って言う感覚を味合わせたい、
男の立場から言うなら、逝く女性の姿を見たい。
と考えると、ある程度、挿入後の持続期間が必要です。

インド人は、それを体位の研究で、中国人はストイックに鍛錬?で実現していました。
それなのに、日本の男性は、女性の求める幸福感の為に、危険な正常位で戦っているという、
こんな状況だと言うことです。

何故、危険なのか?
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  体位  正常位 

[edit]

tb: -- | cm: 0

快楽の追求⁉︎ 

その国のセックス文化を考えるに当たり、
特徴的な事は、やっぱりどんな体位が一般的に好まれるかでしょう。

日本では、48手とか種々の体位が行われているように思われがちですが、
やはり好まれているのは、正常位です。
ところが、中国と同じく、古代文明の舞台であったインドでは、
今なお、最も好まれる体位は、対面座位だそうです。

さて、何故、対面座位が好まれるか?

その前に、インドと言う国、古代インダス文明の地で、
セックスを生殖を目的とせず、唯、ひたすら快楽を追求する目的で発展させた国であり、
その性の技法を集大成したのが、『カーマ・スートラ』です。

また、彼らの考え方の中に、オーガズムとは男女の交わりの中で交換されるエネルギーの相互作用による至福であり、エネルギーの放出だと考えられていて、男女の性交で貯められるエネルギーを最大化することを目指すセックス、それがインドセックスだと言うんです。

それでは、何故、対面座位って言う点に戻ります。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  体位  インド  対面座位  正常位  オーガズム 

[edit]

tb: -- | cm: 4

中国4000年の秘技⁉︎ 

ここん処、射精しないセックス書いてきました。
そして、この考え方とか、方法、効果って言うのは、
長年の研究、教えの元に今なお伝えられているものだと言うことです。

セックスって、人の根源的な行為ですから、
文明の発祥とともに、研究され、現代ではその国の文化の一面になっている。
ぼくは、そう思っています。

そして、この『射精しないセックス』は、
中国、4000年の歴史の中で、発展させられたものでもあります。
中国の皇帝は、色んな物語にも出て来ますが、
全てのモノを手に入れた者として、究極の欲求は、不老不死でした。
そして、その研究が、中国の『房中術』の最後に目指すものと言われています。
-- 続きを読む --

カテゴリ: セックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  中国  射精  房中術 

[edit]

tb: -- | cm: 0

途切れないセックスパワー 

『接して漏らさず』で思い出したんですが、
若い頃に読んだ小説です。

理系の学生でしたが、大学生の頃、通学時は文庫本とか単行本を持って、
電車の中では本を読んでる学生でした。
色んな本を読みましたが、一時期、凄く、半村良さんに凝っていました。

その中に、『妖星伝』って言う長編小説が在ります。
半村良さんが作った伝奇ロマンというジャンルの大作で、壮大な設定の物語なんですが、
その中に出てくる鬼道衆の長が、人間の女性を襲って、
この接して漏らさずの修行をする場面が出てくるんです。

女は、そそり立つ巨根に貫かれ、射精が無いために続く終わりなき交わりに、
最後は気がふれて、狂い、死ぬまで続ける。
女が死ぬまで、射精を我慢できるかっていう修行なんです。

『こんな事、ありえへんな!』
-- 続きを読む --

カテゴリ: 精力

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  射精 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ