FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


夏の出来事⑧ 

両膝を付いて跨った美しい女性は、
お腹に張り付いた若きペニスを掴み、天に向かせると、その上にゆっくり腰を降ろした。

『先生、凄いわ』

初めて根元まで、呑み込まれたペニス
暖かい湿った秘肉に吸い付かれると共に、熟れた蠢く襞が痺れるような快感を容赦無くぼくを襲った。
そして、目の前には美しい乳房が揺れ、未熟なぼくにとって惨い程の官能的な光景だった。

我慢できるはずがなかった。

彼女も、若く、猛り狂う芯に感じ体を反らす事もあったものの、
彼女が絶頂に達する前に、またも若さ故、放出しまっていた。

『先生、もう少し・・・』

そのまま、覆いかぶさるように上から唇を重ね、

『よかったわよ、先生』

『でも、ダメだんでしょ?』
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: 性の目覚め

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  ペニス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ