FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

『色』と云う漢字 

ちょっと話題を戻して、『色』についてもう少し考えてみます。

『色事』という言葉について考えてきましたが、
まあ、簡単に言うと江戸時代の書物によく出てくる言い方で、
今、よく使われている言葉でいうと、セックスです。

そして、その行為が上手な男を『色事師』とか『濡れ事師』とか言われます。
元々、この色事師というのは、歌舞伎の世界で、濡れ場を得意とする役者だったんですが、
一般でも、情事の巧みな男をこう呼ぶようになったんです。

でも、女性には使わない。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス     

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ