FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


パンモロは・・・ 

延々とパンチラの話を書いてきました。

さて、こんな状況は起こりえないのかもしれませんが・・・

夜のローカル線の前に座った女性が、ぼくの顔を見ながら、少しづつ膝を広げ、
片足を座席の上に上げて膝を立てた・・・・
じっと、ぼくの顔を見ている。
ぼくの視線が彼女のパンティーに向けられているのを見て楽しんでいる。

そして、立ち上がり近づいてくると、小さな声で囁いた。
『次の駅で降りない・・・』
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: 性癖

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  勃起  パンティー  パンチラ  パンモロ   

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ