FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

和装とうなじ・・ 

『うなじ』で忘れてはいけないのが、和装に関して。
着物、振袖、浴衣等の和装においては、洋服のようにバストを強調したり、お尻を強調したりはしない。

和装では、肌の露出を避け、胸はさらしで巻き腰には帯を巻いて体の線を隠す。
昔は、化粧も『うなじ』と顔の一部に限定され、『うなじ』や髪の生え際、首筋の美しさや長さで色気を演出し、後ろ姿の美しさで男を誘っていたと言われている。

江戸時代、明治時代も女性は、首筋、『うなじ』で色気を演出していた。
ただ、あまりに後ろ襟を下げて『うなじ』を強調するのは下品と言われ、町の女性達は、控えめで、さり気ない色気を『うなじ』から発していた。この着付けから化粧の様子を浮世絵にしたのが、有名な喜多川歌麿の『襟粧い』です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: セックスアピール

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: うなじ  和装  遊女  色気 

[edit]

tb: -- | cm: 2

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ