FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


『うなじ』で落とす・・ 

『うなじ』の愛撫に関するもうひとつの視点について。
前回、女性とのセックスへのスイッチに使う男もいると書きました。男はこの女性とセックスしたいと思ったら、色んな手順を踏んで相手の女性をその気にして行く。

まあ、食事の後ラブホに行った。なんて言う、セックスをする為に作られた場所に行ってしまえばそんな駆け引きは必要ないでしょう。
女性にしてみても、『ここまで来たんだからちゃんとしてよね』って言うところでしょう。

ただ、食事の後もう少し話をしようと泊まっているビジネスホテルに誘ったとか、彼女の家に行った、自分の家に誘ったと言う状況では、それだけではセックスしてもイイわよと言うことにはならない。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: 愛撫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: うなじ  セックス  キス  バスト  お尻 

[edit]

tb: -- | cm: 0

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ