FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

『誘う』よりも『誘わせる』⁉︎ 

さて、匂いの話も長くなってきたので、
この辺りで終わりにしようと思っているんですが、最後に、手軽な『男をその気させる香水』を紹介しようと思います。

使い方としては色々です。
中々、体を求めてこない彼氏を誘いたいでもイイし、御夫婦なら疲れたと言って乗ってこない旦那さんにというのも。夫婦でもベットに入ってから、『ねえ、今日して』って奥さんの方から誘うのって勇気がいるでしょうから、お風呂上がりくらいから匂いで誘うって中々高等技だし、恥ずかしさも少ない。男側からも、自ら求めたという事実が今後の展開にもイイ。

絶対、女性は上手く『誘う』より『誘わせる』という方が、男女どちらも気持ちよくセックスに望める。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: ニオイ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: LCラブコスメ  リビドーロゼ  誘わせる  誘う  匂い  ベット専用香水 

[edit]

tb: -- | cm: 1

『血と精液』の匂い⁉︎ 

香水の話をしていたのに、いつの間にか違う話になってしまいました。
エッセンシャル・オイルに関してなんで香水に通じる所はあるんですが、ここでまた香水の話に戻します。

と言っても、男目線のエロブログの話題ですので。
以前、彼女と『今度、ベットで付けてよ・・、付けて欲しい・・・』って話をした香水がありました。レディー・ガガが初めてプロデュースすると話題になった香水なんですが、皆さん聞いたことあります?
-- 続きを読む --

カテゴリ: ニオイ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: レディー・ガガ  香水    精液  セックス   

[edit]

tb: -- | cm: 0

『イランイラン』以外にも・・・ 

『イランイラン』以外にも催淫性の匂いを持つ花はいくつかあります。
まあ、僕の知ってるところでは、前にも書いた『ジャスミン』とか『バニラ』なんかだけど、どっちも甘い匂いが特徴的。

まず『ジャスミン』ですが、性的エネルギーを高める作用があると言われていて、古くから官能を高めてくれる植物として珍重されてきた。更に昼間よりも夜になると匂いが強くなると言う性質から『夜の女王』とも呼ばれる。

クレオパトラは『イランイラン』と共に『ジャスミン』の匂いも愛したと言われ、古代ローマ帝国の英雄達を虜にしたとも言われている。華やかな甘さの『ジャスミン』の匂いが、凛としたクレオパトラの美しさを引き立てた。
-- 続きを読む --

カテゴリ: ニオイ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: イランイラン  ジャスミン  バニラ  セックス  性欲  催淫 

[edit]

tb: -- | cm: 2

イランイランの匂い・・・ 

個々のエッセンシャル・オイルに関してですが、
やはり、催淫作用として一番有名なのは、『イランイラン』でしょう。

いかにも南国の花で、匂いだけでなく形までエキゾチック。男を誘惑する香りを持つ花として有名な植物です。フィリピン原産と言われていますが、クレオパトラが『イランイラン』の花を足元に置いていたという逸話も残っています。
-- 続きを読む --

カテゴリ: ニオイ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  イランイラン  催淫  ED    勃起不全 

[edit]

tb: -- | cm: 2

南国の誘惑・・ 

随分、空いちゃってスイマセン。
今日から、また頑張っていきます。

それでは、『どんな匂いがイイの?』っていう点から。
これは、匂いを纏ってセックスに臨むにあたっては大事な問題。

これまで、身に付ける匂いに関してばかり話をしていましたが、部屋をその匂いに染めてしまうという手もある。アロマって言うんでしょうか、この方が香水よりも少し簡単かもしれない。
と言うのも香水は体温やその人の持つ匂いもあって個性が大きく関係してくるのに対し、アロマに関しては、使う匂いに集中して考えることができる。まあ、どちらにしても、催淫作用のあるエッセンシャル・オイルを知る事は大切なので、知ってる範囲で書いて行きます。
-- 続きを読む --

カテゴリ: ニオイ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  アロマ  エマニエル夫人  匂い  エッセンシャル・オイル 

[edit]

tb: -- | cm: 2

キスして⁉︎ 

ベットでの香水術。
アメリカ映画に出てくる高級コールガールなんかは色んな技を使っている。昔のくノ一も多くの技を使ってたのかもしれない。

まあ、そこまでは無くても二人で匂いを楽しむでもイイし、意中の男性を夢中にさせる、彼氏の愛撫をここに誘導したいなんて言う時にも匂いの魔術は使える。

ベットで待っていると、彼女は胸から下をバスタオルで撒いて僕の傍らに腰掛けた。彼女を待っている間に少し冷静に戻っていた僕は、彼女を抱き寄せ、ゆっくり彼女を寝かせると唇を重ねた。柔らかい濡れた唇の弾力を感じながら、開いた口に舌を入れると彼女も舌を絡めてくる。その時、彼女の口から漏れる熱い吐息の中にいつもと違う匂いを感じた。自然に引き寄せられる鼻腔の感覚。僕は、舌の先を付けたまま唇から耳元へと移動していた。匂い立つ官能の匂い、僕は彼女の匂いに操られるように、いつも以上に優しく、執拗に、ねっとりとした舌使いで誘われるがままに舌を這わせて行った。
-- 続きを読む --

カテゴリ: ニオイ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  香水  クンニ  女性器 

[edit]

tb: -- | cm: 2

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ