FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

気まぐれペニス 

前回、『丁度イイくらいが一番』って書いたんですが、
きっと、『そんなん当たり前の事やろ、アホちゃうか』って思われて人も多いかもしれません。
ただ、『丁度イイ』という表現が重要なのは、相手の女性によって違う。もう長く付き合ってる彼女でも、日によって嬉しい基準が変わったりするので女性ってホントに難しい。だから、そう書きました。

以前のブログで書いた事あるんですが、僕は自分のペニスを『気まぐれペニス』って呼んでました。取り敢えず、女性の裸を前にして、勃たないという事はなかったんですが、挿入時間に関してはバランバラン、挿れた途端『アレ、逝きそう』って思う時もあれば、腰打ち付けて疲れてきたなぁ〜と思いながら自分で、『アレ、なんで、いつ終わるんやろ』って思った事もあった。長く繋がっていたい時に逝きそうになる。終わりたいのに出そうにない。これが『気まぐれペニス』と呼んだ理由です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



カテゴリ: ペニス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  フェラ  ペニス 

[edit]

tb: -- | cm: 2

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ