FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

無防備な魅力 

今の仕事になって、すごく出張が多くなりました。
そして、移動中やホテルでの時間の中、ささやかな楽しみもできて、
今度は、そのささやかな所を紹介しようと思います。

まず、移動中。

多くはJRに貢献しているんですが、
時々、乗るようになったなった、飛行機での出来事。

スチュワーデスさんの制服姿に感じるところは勿論あるんだけど、
その中でも、ある姿勢に目が釘付になる事を最近自覚しました。
そして、その姿、スチュワーデスさんに対してだけじゃない事もね。

飛行機に乗り込むと、荷物を頭の上の棚に入れて席に着く。
そして、スチュワーデスさんが、ほぼ一杯になった所で、荷物の収納状況を確認し扉を閉める。
この時、背の高い人は、両手を上げて作業をし、
届かない人は、通路側の椅子の下にある足掛けに乗り、伸び上って同じ作業をする。

この時の両手を上げた姿に、ドキッ!なんです。

両手を上げる姿って、脇の下を見せるって事で、
いつもは腕で隠れている所を見せている。股を開いている行為に似てると思いません?
「あほちゃう!」って言われるかもしれないけど、
ベッドで、恥ずかしそうに股を開かされているのを妄想したりしてしまうんです。

それに、両手を上げれば、お分かりの通り、胸は無防備!
後ろから手を回して胸を抱きしめたいとか、
女性の柔らかい所だけを抱きしめる快感とか、
頭をよぎる事は数知れずで、その作業が終わるまでの、ほんの短い時間ではあるんですが、
貴重な楽しみなっています。

これから夏に向けては、上着を脱いで仕事をするスチュワーデスも増えるでしょうから、
下着が透けて見えたり、ますます楽しみです。

だから、席は通路側。
大胆なスチュワーデス、小柄なスチュワーデスさんは、
覆いかぶさるように、無防備な胸、風薫る脇の下の匂い。
実際、そんな匂いなんかしないんだけど、ほのかに香る女性の匂いに混ざってる気がしてね。

時々、作業が終わって、
「悪いな」とでも思ってるんでしょうね、下から見上げているぼくに、ニコッとしてくれたりして、
「いやいや、もっとしてていいよ」って心では思ってるんですけどね。

ベッドでも、男って女性が閉じてるところを開くのが好きで、
この脇の下に関しても、ぼくはキスから始める愛撫の中で、首筋から、胸元、そして脇に移る間に、
開いて、下げたがる女性の腕を固定してる事ってよくあるし、皆さんもしたり、されたりしてるんだと思います。

閉じてるところを開く
この快感はきっとあるんだと思ってます。

それじゃあ、来週、また飛行機での移動なので、楽しみにしています。
かわいい、そして胸の大きなスチュワーデスさんであるように!ってね。
でも、思わず手がってことは、許されないから注意だけはしています。

それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: フェチ

テーマ: どうでもいい報告 - ジャンル: 日記

タグ: スチュワーデス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 不倫のはじまり  |  もう1つの凄い部屋! »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ