FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

クンニのスラング⁉︎ 

ちょっと、話を変えて、
クンニを英語で言うとどう言うか知ってますか?

そう、クンニが英語の短縮形で、クニリングスが正式。綴りは、cunnilingus。
ただ、その他のスラングが面白いんで紹介したいと思います。

まあ、一般的なところから言うと、
女性器を食べるって云う表現で、
『eat pussy』という表現です。
これは、そんなに抵抗なくと言うか、自然に受け入れられる表現で、
pussyの代わりに他の女性器の単語が入ることがあります。

次は、『head job』これは、直訳すれば頭の仕事でこれが、クンニとフェラにあたります。
この関連では、『hand job』『foot job』ってのもあります。
想像できるでしょうが、手を使う性技と足を使う性技です。
中々、意味深で、
『hand job』の場合は、手での愛撫の他に、オナニーも含まれます。

あと、『go down south』と云う表現もあります。
訳せば、南部へ行くって事ですが、地図の下に降りるところから、
南部と表現したものでしょう。
下ヘ移動、つまりは下半身への移動から、クンニなり、フェラを表現しています。

最後に面白いのは、『yodel』という単語が使われる点です。
『yodel in the canyon』これをそのまま訳すと、渓谷でヨーデルを歌うですが、
クンニをするって意味になるんです。

ヨーロレイホーが、クンニって?
思いましたが、この点はよく分かりません。
そして、『canyon』の代わりに、『valley』だったり、『gully』という、
渓谷だとか、谷だとかと言う単語が使われます。
結局、英語でも谷間なんですね。

ただ、少し面白い表現としては、
『fishy forest』とか『bearded clam』と言うのもあって、
両方とも、オソソの事ですが、直訳すると前者が、『魚臭い林』で、後者が、『ヒゲの生えた二枚貝』
こんな表現がメジャーなスラングとして使われてるのが面白いです。

それでは、この辺で、
今日は、英語の勉強でした。

(これも、オマケ)
スポンサーサイト



カテゴリ: オーラルセックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オソソ  女性器  クンニ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 色事は四十から・・・  |  『二つ巴』から『椋鳥』ヘ‼︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ