FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

足舐め男、参上! 

先週は面白いニュースが幾つかありました。
ひとつは、京都で起こった『足舐め男』事件。

何で、そんなことになったん?

って言う意見が多かった事件ですが、
56歳の男が、20代の女性の足を35分間も舐め続けて、
強制わいせつ罪で逮捕。

真夏の夜の珍事で、
京都伏見のとある駐車場、ブレーキの修理の手伝いをお願いしますと
20代の女性に、運転席に座ってもらって裸足でブレーキを踏んでもらい、
犯行に至ったというもので、35分間も舐め続け、
最後は、ありがとうと言って開放したと言う事件です。

まず、不思議に思うのは、何で逃げへんねん!

って言う点で、
ぼくの周りの強気の女性たちは、

『片足あいてんねんから、蹴ったったらええんや!』
とか、
『大体、なんでそんなもん手伝わんとあかんねん』
と言うご意見。

確かに、夜の12時に修理の手伝いに応じますかねって思います。

そして、男も間抜け。
舐めてる間、携帯で動画撮影されているのを気が付かず、
それが逮捕の決め手と言うから、バカとしか言いようが無い。

よっぽど、足舐めに集中してたんでしょうが、
気が付くでしょう、普通。

ベットの上で感じさせるために足を舐めることはあっても、
それが目的と言う性的嗜好もあるんですね。
足フェチってこういう男こそつかっていい言葉なんでしょうか。
綺麗な足に性的魅力を感じる程度ではダメなんでしょうかね。

京都では、類似の足舐め事件が他にも5件あるそうで、
それらも、この男の犯行なんでしょうか?
それとも、足舐め団がいるんでしょうか?

面白いですね。

それでは、また。

(オマケ)

スポンサーサイト



カテゴリ: 性癖

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  足舐め  強制わいせつ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« ファン感謝祭!  |  純白の下着・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ