FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


エロスへの誘い 

今日、
面白い記事を見つけました。

今日配信のダイヤモンド・オンラインに載ってたんですが、
「日活ロマンポルノ」に関する記事。

今年が、日活ロマンポルノ生誕45周年に当たる年にで、
その記念イベント『日活ロマンポルノリブートプロジェクト』に関する記事が載っていました。
ビジネス誌だと思ってたダイヤモンドが取り上げたのも驚きなんですが、
その内容も、日活とスカパーの本気度を見せつけた感があって、
ぼくとしては、これからの期待で、胸が、いや他の所も含め、膨らみます。

今回の記事は、監督の発表って言う記事でした。
内容は、その記念作品を撮る監督が、なんと第一線の監督の皆さんなんです。

 『凶悪』を撮った白石和弥監督
 『リング』を撮った中田秀夫監督
 『愛のむきだし』を撮った園子温監督
 『世界の中心で、愛を叫ぶ』を撮った行定勲監督
 『黄泉がえり』『抱きしめたい』を撮った塩田明彦監督

凄いですよね。

これら、第一線の監督さん達が、『レズ』だとか『アート』、『社会派』というテーマを与えられて
作品を作って行くということなんですが、そうは言ってもロマンポルノ、
10分に一度の男女の絡み、勿論、体の絡みですよ、を入れて、
70分程度に全編を収めるんでしょう。
ご存知の通り、ロマンポルノは、モザイク無し・ぼかし無しで、挿入無しの擬似セックスです。
だからこそ、一流の監督さん達の演出が楽しみなんです。

それに、ロマンポルノには、ストーリーがあるので、
男女の絡みにも必然性があったり、背景に在る情念が描かれていたり、
作品として楽しみながら、股間にも訴えてくれるのが、ファンを虜にする点、
今、インターネット上で見れるAVとは違います。

もう、女性の局部、一杯見てるし、
その時の表情の方が、感じるって思いません?

「おいおい、よく言うわ」
「毎回、私のアソコ、見せてって言ってるくせに!」
って、読みながら突っ込んでる方がいるかもしれませんが、
まあ、其れはそれとして、オオソ実物は、違いますよ!
それでも、見たいもんです。

多分、次回は、キャストの発表があるんでしょうが、
ホント、楽しみです。

じゃあ、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: ロマンポルノ

テーマ: みんなに知ってもらいたい - ジャンル: 日記

タグ: ロマンポルノ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« バスト? それともヒップ?  |  妄想ブラトップ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ