FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


鍛えられた女体・・・ 

もう少し前になるんですが、
テレビで、女性版SASUKEを見ました。

KUNOICHI2017と云う番組だったんですが、
これは、SASUKEと一緒で、肉体を鍛え上げた出場者が様々な障害を、
時間内にクリアして行くという番組で面白かった。

男性版とは少し、障害自体は簡単にも感じられましたが、
ぼくも男なので、女性版は別の面でも楽しめました。
男性版なら、純粋に競技として障害をクリアして行く姿、方法、スピードなんかを驚きを持って見ながら、
純粋にゲームを楽しんでるんですが、女性版となると、勿論同じ視点もありますが、
その他にも、挑戦する顔付きや、失敗して悔しがる顔に魅力を感じたり、
挑戦後のインタビューでの、汗、息使い、そんな所にエロい魅力を見つけたり、
衣装、レオタード姿に萌えながら、障害を越えて行く時に見せる胸元、お尻、腿、時には股など、
垣間見える女の魅力に目を奪われたりと、色んな楽しみがありました。

女房からは、なんか、いやらしい目してる・・・

なんて云われちゃった位です。

特に、これは放送局も意図的やなって思ったのは、
色んな障害の中でも、『パイプホールド』って言う障害。
谷に掛けられた橋、ただこの橋が回転フリーなパイプと言うもので、
挑戦者は、そのパイプに跨り、抱きついた状態で芋虫状態で前進して行くって言うもの。
バランスを失ってパイプが回転しちゃうと落下して失格になる。



そして、放送されたカメラアングルが良かった。
一部ではこの点が問題視されてますが、まあイイとして、
ドキッとしましたもんね。

パイプに抱きついて前進しようようとしてるその胸元、
豊かな、こぼれそうな乳房は、まさに生唾ものでした。



でも、それこそが女性版の魅力のひとつであることは、間違いないでしょう。
批判を受けるのは、この番組が、ゴールデンタイムにやったから。

夜中の番組なら、偶にポロリと出てもご愛嬌だろうし、
AVなら、このパイプはペニス形状になるんでしょうね。

AVになった、KUNOICHI。
鍛えられた裸体で障害に挑戦する姿、乳房だけじゃなく色んな部分の躍動、
魅力的で、メッチャエロい絵が、目の前に展開するでしょう。
勿論、ノーモザイクでお願いしたいです。

それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: バスト

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: kUNOICHI  SASUKE  エロ 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 関西は巨乳⁇  |  Gスポット体位・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ