04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

はじめに


ここでは、ネットやお友達のブログから拾ってきた、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・
まあ、ぼくのセックス志向も、ノーマルなのかどうか疑問だけど、
こればかりはこれから治すのも大変なので、お付き合い下さい。
一戦交えようと言う女性がいらっしゃったたら連絡ください、頑張りますよ。
なんてね・・・

最近、官能小説にも挑戦しています。
時間のある時に、目を通して頂ければ有り難いです。

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つも貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

よろしくお願いします。

Mr.としゆき

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキングへ

FC2 Blog Ranking

第九章 始まり 

激しく求め合った後、ふたりはベットで少しの間、お互いの熱を冷ましていた。
亮介は、背中の下に手を入れて反対側の乳首を摘まんで遊び、
佳子は、亮介のペニスの先端を親指で撫でていた。

『亮君、これって私を虜にする罠だったの?』

『罠って程のもんじゃ無いですよ』

『2年前にこんな事されたらどうなってたのかなって思っちゃう』

『佳子さんの好奇心を掴みたかったんです。
掴めたら、自ずと結果は付いて来るってね』

『そうだったんだ、お姉さんなのに完敗、参ったワ』

ふたりは、天井を眺めたまま話していた。

『佳子さん、もう行きましょうか?
それとも、もう1回します?』

『もう、私無理、行きましょうか』

ふたりは、お互いの汗をシャワーで流した後、ホテルを出た。


『また、誘ってもイイですか?』

『イイわよ、連絡頂戴。無理な時は無理って言うから』

こうして、純粋にセックスを知りたいと云う好奇心を元に、
ふたりの秘密の関係が出来上がった。

亮介は、佳子からのLINEを待っていた。
と云うのも、彼女からの誘いがあってはじめて、ふたりの関係が始められる。
そんな風に感じていた。

そして、ひと月程経った水曜日、佳子からLINEが入った。
『亮君、金曜日会える?』

こうして、亮介と佳子の秘密の関係が始まる事となった。


スポンサーサイト

カテゴリ: エクスタシー・パートナー ep2 好奇心

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  シャワー   

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 離れられない男・・・  |  第八章 情欲③ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY