05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

はじめに


ここでは、ネットやお友達のブログから拾ってきた、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・
まあ、ぼくのセックス志向も、ノーマルなのかどうか疑問だけど、
こればかりはこれから治すのも大変なので、お付き合い下さい。
一戦交えようと言う女性がいらっしゃったたら連絡ください、頑張りますよ。
なんてね・・・

最近、官能小説にも挑戦しています。
時間のある時に、目を通して頂ければ有り難いです。

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つも貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

よろしくお願いします。

Mr.としゆき

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ
恋愛・結婚

セックス&オナニー 

快感に貪欲な女性の話をクンニ中心にしてきましたが、
セックスに関しても同様です。

愛撫、クンニなど、女性を充分感じさせて
女性器が溢れる愛液で満たされ、準備完了という状況で挿入。
挿入後も、体位を変化させながら、あらゆる手を使って、
絶頂に導こうとするのが男です。

女性は、この段階になると、自分の性感の高まりに体を任せ、
男の腰使いとその間も刺激を与えてくれる相手の手や口に体を委ねるのが普通です。
そして、絶頂まで登っていく。
そんな中、何か要求したい時、自分の意思を示したい時は、
声を発する事くらいじゃないかなって思ってました。

ぼくは、挿入し、腰を振りながらも、
体位によっては、手や口で愛撫をします。
ただ、この状態で優しいフェザータッチの愛撫をしても感じないので、
基本強めの愛撫で、乳首だったら、舌で舐めるというよりも噛む感じやってます。

正常位とか、対面座位なんかで目の前に乳房があるなら、
片手で大きく乳房を強く揉みながら、もう一つの乳首を歯で挟んで、
丁度、痛いくらいの強さで、歯ぎしりするように噛んだり、
女性によっては、この噛んだ瞬間の痛みが引き金になってアクメを迎える女性も居ます。

ただ、外国人や日本人でも貪欲な女性は、
男だけになんて任せておけないのか?
受け身では我慢できないのか?
自分で愛撫を始める女性が居る事を知りました。

そして、日本のAVには少ないと思うんですが、
アメリカのAV、無修正熟女版となると、
彼女たち、ほとんど自らの指も参加させての、セックスオナニーなんです。

騎乗位なんか正に格好の状況で、男の上に跨りよがり声を発しながら、
自らの指は、クリトリスを弄っている。



この写真は片足挙げての正常位ですが、男はピストンを繰り返しながら乳房を揉み、
下の女性は、『Come on !』と大声で繰り返し、男を煽り、自分の手でクリトリスを弄ってます。



さらに、これなんて、側位で男は頑張り、
女性は、もう弄るくらいでは足らないんでしょう、クリトリスを叩いていました。

こんな風に、女性自身ももっと気持ちよくなりたい、
私も自分で自分を気持ちよくさせるんだ・・・
この気持ちが、こんな行為に現れてくるんでしょうか?

快感に目覚めると、日本人女性も、自分の手が伸びるようになるのかもしれません。
羞恥心などかなぐり捨てて、快楽を求める姿。
この姿も、中々魅力的で、本能的な美しさを持っていると思います。

それでは、また。
スポンサーサイト

カテゴリ: セックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オナニー  クリトリス  体位  騎乗位  正常位  側位  対面座位  アクメ   

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 足りない手⁉︎  |  熟女のクンニ教室⁉︎ »

コメント

屈辱からの…

こんにちは。

以前によく知らないでこういう状況になるのを屈辱だと思っていました。「なに?俺のモノじゃ満足できないのか⁈」てね。
そういうことでは無いと知った後は騎乗位の時等、命令してわざとやらせます。そしていやらしい女だと罵倒…すると、首を振り不定しながらも絶頂へと…。
そんな姿が愛おしいて思えちゃいます。

HADES #90LdKUd6 | URL
2017/04/22 09:12 * edit *

Re: 屈辱からの…

HADESさん、

中々の『S』ですね。
でも、面白そう、ぼくも使わせてもらいます。


Mr.としゆき #- | URL
2017/04/22 18:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY