FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


セックスへの道ー少年としゆきの目覚めと悩みー① 

さて、ゴールデンウィーク、どうされてますか?
この数回は、子供の日にちなんで、男の子の成長の事、
「エロ親父の独り言」風に、自分の経験をチョット恥かしい部分中心にお話したい思います。
成長期の男の子のお母さん、参考にして頂ければって思います。

ぼくの場合、女の子のスカートの中に興味を持つ前に、
オナニーを知ってしまいました。
これって、何の知識も無い中で起こったんで、
誰にも相談できないし、でも気持ちいいんで止められない。
そんな、目覚めでした。

小学4年生だったと思います。
割合、活発に少ない休み時間でも、校庭の遊具に駆けて行って、
飛びついて遊んでいるタイプでした。
そんな時、校庭の一角に新しい遊具が設置されました。
登り棒と登り綱。
当時は、雲梯とか鉄棒、滑り台、ブランコ位で、凄く目面しい遊具で、
5・6年生のいない時は、真っ先に飛びついて登り競争をしてました。
登るのは当然、綱より棒の方が簡単、と云うより休憩しやすいので、
先ずは、棒登りから夢中になったんです。

体育の授業でも、先生が競争で登らせたりしたこともあって、
悪ガキ達は凄くがんばってたんです。
ただ、少しして面白い事が起こり始めたんです。

友達が突然、棒登りしてる最中に動かなくなる。
今まで、頑張って登ってたのに、しっかり棒にしがみついているだけで動かない。
そして、いつもとなんか違う様子。

「どうしたん⁉︎」

数日後、ぼくにも訪れた、ブルってする快感と後に残るオチンチンの周りの気持ち悪さ。

「トシ、どうした!」
ニヤッとしながら、下から担任の先生が見上げていた。

後になって考えると、ぼくに何が起こっているのか分ってたんでしょうね。
体育の男の先生でしたからね。

何とも不思議な気持ちよさの後訪れるオチンチンの周りの冷たさと濡れてベトってくっ付くパンツ。
ぼくには、何が起こったのか分からないし、漏れたら大変だと思いながら、
ゆっくり下りて、どうしたの?って言ってくれてる女の子のそばを抜けてトイレに行ったんです。

そして、ズボンを下げてビックリ!
ベットリと濡れたパンツの社会の窓、
そしてその中のオチンチンは、少し濁ったドロっとした液体を吐き出していたんです。

オチンチンがゲロしたような感じーーー

その日は、何にも考えられず、
オチンチンの周りは紙で拭いて、そのまま大人しく過ごしたと思います。
でも、その後、なんとも無かったし、気持ちよさは忘れられないものだったんで、
病み付きになって行きました。

勿論、最初の時のように、周りに悟られない技も磨きながら。
でも、白いブリーフは、その生臭い匂いのドロっとした液体で黄色くなるし、
パリパリって、軽く糊付けしたようになり、お母さんは何か解ってたかもしれません。

で、チョット注意しないといけないのは、オチンチンがパンツにくっ付いちゃうって事です。
引き剥がす快感なんてのも、面白がってたのを覚えてます。

これが、ぼくの性の目覚めでした。
そして、これから始まる苦悩の始まりだったんです。
スポンサーサイト



カテゴリ: オナニー

テーマ: みんなに知ってもらいたい - ジャンル: 日記

タグ: セックス  オナニー  登り棒  オチンチン 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« セックスへの道ー少年としゆきの目覚めと悩みー②  |  御返しはハンズフリーフェラ! »

コメント

こんばんは(^^)
えー💦4年生で?息子は5年生です(^^;

なんだか複雑な気分です(^^;
勉強になりました(´・ω・`)

愛してる #- | URL
2016/05/03 20:23 * edit *

Re: タイトルなし

こんにちは、

そうなんですか?
きっと、今の子は、僕たちに比べたら絶対、何もかも早い気がします。
参考になれば、これからも色々発生しますので、よろしく。

Mr.としゆき #- | URL
2016/05/04 00:30 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ