FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


好きなんかな? 

この前の続きなんやけど、
全く外が見えないでドンドン高いところへ上がって行くって、
やっぱり怖いと思うんですよ。

そして、その怖さに、心臓がドキドキーーー

この状況は、普通の観覧車よりは、
このロシアン観覧車の方が強くって、何時もより激しい鼓動を感じることになるじゃないかな?

ここです‼︎

人間って面白いもので、好きな異性と居るとドキドキするのと同じ様に、
ドキドキしてる状況で異性と一緒に居ると、好きだって勘違いするそうなんです。
まあ、好きでも無い女性と観覧車に乗ることは無いかもしれないけど、
たまたま友達どおしで乗ったとしても、
俺って、この子、好きなんちゃうかなって思ってしまう。
そういうことなんです。

だから、デートで訪れた遊園地、
この観覧車が、ドキドキ効果で背中を押してくれて、
一周、終わる前に、キスまでってことも期待できる、そんな観覧車じゃないかなってね。

あの頃、この観覧車があれば、
ぼくも、憧れの彼女にキスできたかもね、なんて思ってしまいました。
そうなんです、中学生の時、この遊園地に友達10人位で遊びに来て、
憧れの彼女と、たまたま2人で観覧車に乗ったことがあってーーー
でも、そうはならなかったんですよね。
真面目な、中坊でしたからね。

勿論、その時はラッキーって、心の中ではガッツポーズでしたよ。
でもねーーー
キスも無いまま、今も年賀状だけの関係が続いてます。

それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: デート

テーマ: みんなに知ってもらいたい - ジャンル: 日記

タグ: ロシアン観覧車 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« スカートの中を見たい!  |  何、この観覧車⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ