FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


蛇は女性の守り神? 

蛇は、ペニスの化身として、伝奇エロ漫画なんかには、
女性に絡みつき、泡を吹いて失神しているにもかかわらず、
長い体で締め上げながら、首をもたげて、バギナに押し入り、蠢く膣の中でさえ体をくねらせて奥深くまで押し入り、細い舌を駆使して、女の内側を舐め尽くして行く。

性的刺激を与える為に生まれたような頭と体、
女性にとっては、グロテスクで気持ち悪い、そんな蛇だからこそ、
女性を陵辱する生き物に選ばれるんだと思います。
美しいモノが、醜いモノの餌食になって汚される。
これこそが、陵辱的行為だと思います。

そして、蛇から少し離れますが、同じように描かれる生き物に『』がいます。
葛飾北斎の春画、『と海女』。
このエグい構図はまさに女を汚されていく様に、興奮する男が考え出した陵辱カットです。
ただ、面白いのは、この・・・
クンニしてるんですよね。



普通考えたら、蛇と一緒で、8本の足を駆使して、バギナアナル、口など、
穴を塞いで中からほじくるように刺激し、残った足で緊縛の苦しみを与える。
そんな感じかなって思ってたんで、チョットびっくりでした。
この絵、それにしてもエロいですよね。

話が、逸れてしまいましたが、蛇の話題に戻すと、
この悍ましい、女性の敵のような蛇ですが、『白蛇』となると、少し話は変わってきます。

白蛇は、弁天様の遣いであり、
女性の守り神なんです。

蛇のセックスの激しさを、先日、書きましたが、その性行為の激しさは、生命の誕生を司る生命エネルギーの豊かさを表し、多産の象徴として、人々の信仰を集めたんです。

つまり、白蛇は、女性に色んな恩恵、幸運をもたらしてくれます。
子宝に恵まれたい、セックスレスの解消だったり、
弁天様の遣いという点からすると、財産に恵まれたり、安定をもたらされたりと、
女性の望む、子孫を得て、安定をもたらしてくれるという、御利益があるんです。

そして、蛇は、その他でも神聖な生き物として信仰の対象になっています。
ひとつが、神社の結界を示す『しめ縄』、これは蛇の交尾している姿だと言われていますし、正月の鏡餅は、蛇のとぐろを巻いた姿との事です。

では、なぜ蛇が神聖な生き物とされるのか?
そのひとつが、ペニスに似てるって事だそうです。
他に、脱皮して成長して行く、敵を倒す毒を持つ、というような点で、
生命の起源の種を持ち、永遠の命と無敵の強さを持つ。
そんな風に考えられたようです。

女性を襲い、辱め、汚れゆく中で狂おしい程の快感に狂わせる邪悪な生き物に描かれたり、生命の種、永遠の命と無敵の強さを持つ神の遣いとして描かれたり、
これ程、極端な場面に登場する生き物は他にいないでしょう。

そこに、蛇の妖しい魅力があるのかも知れません。

それでは、また。


三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ



スポンサーサイト



カテゴリ: 陰獣

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  バギナ  アナル  ペニス  白蛇   

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 蛇と縄  |  悍ましい蛇姦・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ