FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


セイレーンの罠・・・⁉︎ 

蛇の話は、前回でひとまず終わりという事で、
今日は、この前のメデューサと同様、興味深いギリシャ神話に出てくる怪物の話をします。

ぼくが、興味深いと言うからには、女性がらみの怪物です。
ご存知かもしれませんが、『セイレーン』という怪物なんですが、
半分が人間の女性で、半分が鳥。
ほぼ上半身が女性で、下半身が鳥、そして背中には大きな翼をもっている。
そんな化け物で、とにかく声がきれいで、魅惑の歌声を持っているとされています。

そして、神話の中では、
海の航路上の岩礁から、美しい歌声で航行中の人を惑わし、遭難・難破の目に遭わせ、
船人達は、魅惑の歌声に魅せられた挙句、セイレーンに食い殺される。
そして、セイレーンの棲む島は、その骨で山を為したという。

ただ、セイレーンは、その歌声を聴いて生き延びた人間が現れた時には、
死ぬ運命となっていたため、海に身を投げて自殺したとされ、
その体は、岩礁のひとつになったとされています。
しかし、声だけは死なず、現代でも、ある時期になるとセイレーンの歌声が聞こえ、
船員がその声を聴いた船は、沈没すると言われている。

そんな、お話です。

そして、現代、この『歌声』の部分を『セックス』に置き換えた話が、物語として作られています。
先日紹介した、『花と蛇』のようなどぎつさではなく、
ソフトで綺麗に、陶酔と幻の世界で、男たちは、セイレーンの体に取り込まれ死んでいく物語です。

円谷映像のオリジナルビデオとして作られたシリーズで、
妖女伝説セイレーン』シリーズですが、毎回セイレーン役が交代する。
それも楽しみのひとつだったような記憶があります。



男の精を吸い取り、若さと美貌を保ってきた妖女としてセイレーンは描かれ、
その美しい容姿と透き通った肌を持つ魔性の魅力の妖女『セイレーン』は、
誘惑した男を、妖女の結界に誘い込み、魔性の性技によって無抵抗な男たちは、
夢幻の中、勃起と射精を繰り返す。

恐ろしさの中にも、憧れの状況に、
ぼくは、画面を食い入るように見ていました。

死にたくないけど、ここまでの美しさと性技に魅了されてみたい。
これこそ、男の究極の願いでしょう。

まあ、ぼくのセイレーンは彼女なのかもしれませんけどね。
かなりお酒飲んでても、勃起させられちゃいますからね。

そして、妖女伝説は、歌声同様、セイレーンとセックスをして、生き延びる男が出てきたら死ぬ運命。
物語は、ひとりの男を愛してしまうセイレーンが描かれ、愛しい男を殺すまで精を吸い尽くすか、自殺するか・・・
予想できるシナリオですが、楽しめる物語です。

それでは、また。


三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ


スポンサーサイト



カテゴリ: 陰獣

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セイレーン  妖女  セックス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 妖鳥シレーヌの色気・・⁉︎  |  蛇と縄 »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ