FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


妖鳥シレーヌの色気・・⁉︎ 

前回、ギリシャ神話の『セイレーン』という怪物であり、
現代の妖女伝説セイレーンの話を書きましたが、
その他にも、この話題に関連する話はあります。

このセイレーン、ギリシャ神話の時代から、中世ヨーロッパに移り、
下半身が鳥だった体が、魚に変わります。
これは、航海の方法が、羅針盤の発明により、海岸線、陸地を目印に航海していた時代から、
大海を航海するようになり、セイレーンのイメージも海岸の岩場の鳥から、大海の魚のイメージになったと言われています。

そして、そのイメージをロゴにしているのが、アメリカのスターバックスです。

まあ、この変化はこのぐらいにして、
もう一つ、話しておかないといけないのが、このセイレーンをフランス語読みすると、
シレーヌ』になります。

このシレーヌ、ご存知の方もおられると思いますが、
永井豪さんの『デビルマン』に出てくる地獄からの刺客です。

ただ、その気高くも美しい姿、悪魔なんだけど上半身は女性で、
美しい均整のとれたプロポーション、腰の括れまでなんだけど、
その姿に見惚れていた少年時代を思い出します。

(これは、漫画ではなくフィギュアですが、色っぽい・・・)


呼び名も、『妖鳥シレーヌ』、
デビルマンとの戦いも、何となく『おちんちん』がムズムズする戦いでした。
ちょうど、登り棒オナニーに目覚めた頃だったのかもしれません。
美しいモノが、戦い、血で汚れて行くのも、ある意味、官能的だと、
少年の頃でも感じ取ってたんだと思います。

まあ、永井豪さんと言えば、
他にも、『ハレンチ学園』だとか、『あばしり一家』なんかの、
エッチなギャグ漫画、面白く読ませてもらいました。



登場人物は、まさにギャグっぽいんだけど、女の子だけは胸が大きくてカワイイ。
懐かしい漫画のひとつです。
そして、『スカートめくり』を教えてくれたのもこの漫画だったと思います。

まあ、少年時代は、この程度のエロさで満足・興奮してたんですね。
カワイイもんです。

それでは、また。

三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト



カテゴリ: 陰獣

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: スカートめくり  オナニー  シレーヌ  セイレーン 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 憧れの名器⁉︎  |  セイレーンの罠・・・⁉︎ »

コメント

永井豪、私も大好きでした。
『デビルマン』。アニメも好きでしたが、漫画の方がずっと良かったです。
今も印象に残る作品の一つです。

氏の描く暴力とエロス、そして迫力のある絵。
それは後期の傑作、『バイオレンスジャック』に集約されているような気がします。

子供の頃見、読んだ漫画の話となると、思わず熱く語りたくなってしまいます♪

和巳 #- | URL
2017/07/07 05:23 * edit *

Re: タイトルなし

和巳さん、

確かに、子供の頃の漫画には思入れありますよね。
その中でも、永井豪さんの『デビルマン』は、大人になってからも読みました。

イイもんですね。

Mr.としゆき #- | URL
2017/07/10 21:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ