09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
5つも貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

よろしくお願いします。

Mr.としゆき

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ
恋愛・結婚

究極の天来名器⁉︎ 

さて、いよいよ、ヒダ系名器に関してですが、
これこそ、天来の名器でしょう。
トレーニングで作れるものでもないし、女性器整形でも実現は無理でしょう。

代表選手は、2つ。
数の子天井』と『ミミズ千匹』です。
どっちも、古くから名前の付けられた由緒正しい名器ですが、何万人に1人とか言うレベルなので、出会える事はまず無く、まさに憧れの名器と言うところでしょう。

ミミズ千匹』って言うのは、挿入したペニスにミミズが千匹纏わり付いて蠢くように感じられる女性器で、普通の女性器に比べ、ヒダの数で倍、ヒダの深さで1.5倍だそうです。
これを聞いたら、そら気持ちいいのは当然、なんとかして出会ってみたいと言うのが男の心理じゃないでしょうか?

ミミズのような、細い物が纏わり付いて蠢くような感触と言うのは、締め付け系の名器ではあり得ないし、想像もできない快感なんでしょうネ。
冒頭に、女性器整形でもできないとは書きましたが、ヒアルロン酸注入で、このミミズ千匹も作れると言う所もあるようです。
凄いですよね・・・・


(オナホールミミズ千匹・・・⁉︎)


そうそう、間違っても、オナホールの中にたくさんミミズを捕まえてきて入れてオナニーするなんてことしないように・・・

上手く行くはずないので!

さて、もう1つの、『数の子天井』はって言うと、こちらも得も言われない快感だそうで、こっちの方は比較的奥の方、挿入した時、亀頭の当たる所に、数の子より少し大きなぶつぶつが広がっていて、そのぶつぶつ壁と亀頭の接触による快感が名器の由来との事。

天井って言うのは、女性器でいうとお腹側の事ですが、このぶつぶつはお腹側だけという説と、バギナの奥の壁全部がぶつぶつだと言う説の2つがあって、天井と言うのは正常位の時に、亀頭の敏感な粘膜側が女性のお腹側に来るのでお腹側だけだと感じた為、『数の子天井』になったというふたつの説があるようです。

でもこうやって、名器の話を書いていると、
しみじみ、出会ってみたいと思いますよね。

そんな、思いが、先日も書いたけど『オナホール』の開発を突き進める原動力になったのかもしれません。

それでは、また。




三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: オソソ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: ミミズ千匹  数の子天井  ペニス  バギナ  オナホール  亀頭  名器 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« ボボって・・・⁉︎  |  俵締めの応用・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY