FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


覗ける功罪・・・ 

さて、頭の中を覗く事ができるという能力、
知り合って、初めてベッドを共にする時には非常に便利な能力だという事は、皆さんある程度同意して頂けると思います。

男性側がこの能力を持っているとすると、
男は、彼女の頭の中に浮かび上がる声を聞きながら、愛撫を進めていく。
変な反応を避けながら、感じる部分だけを辿って、女性器まで愛撫していく、男側に焦りもストレスも無く女性は目の前で愉悦に揺れ、男の征服欲も満たされる。
そして、この落ち着いた状況は、男のセックスパワーにもイイ影響を与えます。
精神的な安定と自信は、勃起力を高め、持続力も高める。

挿入してからも、彼女の頭の中を覗けば、色んな事が分かるでしょう。
もっと奥をグリグリしてって思ってるかもしれないし、
もうちょっと手前を擦ってって思ってるかもしれませんしね。

ただ、イイ事ばかりでは無いかなって思う点もあります。
それは、何か?
男がこの能力に頼り過ぎて創造力を失う事だと思います。

セックスの醍醐味のひとつに、
『こんな快感、初めて』とか『こんな事されて感じるなんて』っていう、
新しい性感帯の発見だったり、新たな快感の発見、経験した事の無い愉悦という、
『開花し続けるセックス』があります。

が、この能力に満足してしまった途端、彼女の嫌がる愛撫を避ける事で、新しい性感帯の発見は遠のき、的外れの愛撫が無い分、新発見も無くなってしまう気がします。

まあ、この能力は無くても、長く付き合っている女性とは、これに似た事が起こります。
彼女とも、もう長いですが最初の半年位は、オーソドックスなセックスをしていたと思います。そら冒険しませんよね、嫌われたく無いですからね。
そして、心も体も馴染めたかなって思えるようになって、ちょっと冒険的な愛撫をしたり、道具を使ったり、衣装を変えたり、ちょっと変わったラブホにしたりと、変化を付けながら彼女のセックスの好み、愛撫の好みなんかを探り、色んなバリエーションが出来、朝から夕方まで肌を合わせて居られる様になって行ったんです。

僕たちの関係の中でも、付き合い始めた頃から考えると、乳首を歯でギシギシしてあんなに声を出して感じるなんて等、思いも寄らない発見がありますからね。

とは言っても、彼女の頭の中が分かれば、もっと色んな新しい性感帯を発見できたかもしれないとも思っています。頭の中を覗きながらも彼女の望む事だけではなく、色んな事をして試す探究心を維持すればですけどね。

そして、忘れがちなのが『焦らし』の快感
求められる愛撫をしていたのでは、焦らしの要素は全く入ってこない。これでは味気ないと思います。それにワンパターンになって、快感も同じものが続けば、彼女も飽きちゃうかもしれません。

焦らし』って、セックスでは中々のスパイスで、焦らしから解放された時の快感は格別だと感じる方は多いと思います。その『焦らし』についても、彼女の反応を見ながらギリギリと思われるところで、少し横を愛撫したり、性感の中心からズラしたり、ギリギリのところで最終到達点手前で愛撫を留めたりするんですが、彼女の頭の中が分かれば、そのギリギリの度合いが違ってくるでしょう。

頭の中が分からなければ、後10というところまでしか焦らせなかったのが、覗ける事で、後1で逝きそうというところで愛撫を止める事ができ、究極の『焦らし』が可能かもって事です。

これも、彼女の頭の中の欲求を忠実に実行するのではなく、ひとつの情報として最大限利用してセックスをするという姿勢が必要で、頭の中が分かったとしても、
遊び心と探究心、そして好奇心が大切だって事なんです。

きっと、達人と呼ばれる人は、この頭に中の言葉を彼女の姿や体の反応、言葉から分かってしまうんじゃ無いかなって思っています。

先は長いですが、その域に達するまで精進しようと思ってます。
それでは、また。



三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ



スポンサーサイト



カテゴリ: 性感

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  焦らし  快感  愛撫  性感帯 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« フェイク巨乳にご注意・・・  |  あなたは、覗きたい? »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ