FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

おすすめ

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第1弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第1弾『淫夢』

不思議な淫夢を見る二人の性を描く『淫夢』
俊之は、ある日、偶然見つけた散髪屋で、
淫夢の女性とそっくりな京子に出会う。
その京子も、不思議な淫夢を見ていた。

同じ匂いのする男と女が出会った時、
物語は動き始める。

歪な形で覚えた快感の世界を手探りで彷徨う男と女、
エクスタシー・パートナーの第一弾、
『淫夢』是非読んでみて下さい。

透けるパンティ・・・⁉︎ 

モリマン』、『スジマン』に関してですが、
はっきり言って、同じモノです。

ふっくらしている方に重点を置くか、その間に出来るスジに重点を置くかによって、名前が異なっているだけで、女性器の周りに脂肪の付いたふっくら、柔らかそうなオソソの事だと思っています。

男にとって、後ろ手にベットに座って立てた膝を閉じて目を合わせながら、女性の膝を掴んで広げる行為、まさに胸の高鳴りを感じる行為であり、期待に胸膨らませる。いや、胸だけじゃなく、股間の逸物も膨らんじゃう行為です。

目の前に開かれた白い股間、その中央にある縦楕円に少し色の変わり、中央には少し黒くなったヒダと朱く覗く秘肉。生唾の光景なんですが、更に女性らしい膨よかさが加わっているのが、このモリマンです。
前回、話しした恥丘に付いた脂肪を言う場合もあるんですが、
ぼくは、どちらかと言うと、腿を広げた時に広がる女性器の両脇、クレバスの両脇の大陰唇がふっくら盛り上がってるタイプが好きです。

ベッドで、何も付けない裸の彼女の立てた膝を広げる快感、恥ずかしがる女性の秘密の場所を無理矢理、目の前に晒させる優越感は堪らない。その上、ぷっくらと柔らかそうな膨らみが美味しそうで・・・

上の唇に関しても、色っぽいのは、厚肉でぷっくり、ぷるんとしたボリュームのある唇です。顔全体として薄い唇が好きという方もいるでしょうが、唇に色気を感じるのは前者でしょう。

そして、下の唇に関しても、色気は厚肉なんだと。

更に、『モリマン』は、パンティを履いている時に大きな違いが出てきます。
普通だと、何の事は無い通常のパンティの布が目の前に広がる、勿論それでも男は興奮の域なんですが、これが『モリマン』の場合、その興奮は別領域に達する。

何故か?



それは、パンティの向こうの存在が透けて見えるからなんです。
盛り上がった陰唇はパンティを持ち上げ、その間にはくっきりと吸い付くようにワレメが出来る。中を知っている男にとっては容易に妄想できるし、知らない童貞君にとっては未知の世界に首を突込む興奮を覚えるんじゃないかなって思います。

加えて、彼女が濡れていたら・・・・
ワレメから広がる沁みは、まさに男の股間に訴える淫靡なスパイスになります。

どうでしょう・・・
男性の皆さん、どう思います?

それでは、また。


三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ



スポンサーサイト



カテゴリ: オソソ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: 女性器  オソソ  モリマン  スジマン 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 熟女のモリマン⁉︎  |  魅惑の『モリマン』・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ