FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


御開帳---⁉︎ 

紅葉、真っ盛りになってきましたね。
山が色づき、綺麗な季節になると、京都は観光客で一杯になります。
最近は、日本人だけじゃなく、海外からのお客さんも増えて益々賑わってる。

そして、この季節、紅葉以外にも見所は沢山あります。
京都だけではなく、今年の関西は記念行事が目白押しで、
京都は、『大政奉還150周年』だし、神戸でも開港150周年、
高野山では、開創1200年行事とかって、色々イベントが行われています。

その中で、例年、春と秋にはあるんですが、それ以上に多いのが、
御開帳』イベントです。

御開帳』って言うと、殆どの男性は、
女性が、下着を取り股を開く事だと思っておられるかもしれませんが、
(って、ちょっと、言い過ぎかな?)
そうではなくて、神社仏閣の奥底にしまわれていた『秘仏』を公開する事です。

秘仏』って言うのは、そのお寺の御本尊であったり、それに値する有名な仏像を存在するだけで有難いものとして扉の奥にしまわれている仏様の事で、全く公開されない絶対秘仏と言われるものと、定期的にお披露目されるものとがあり、このお披露目される状況を『御開帳』と言われています。

そして、いつ頃からなのか、女性のお股を公開する事を、
同じく『御開帳』と言うようになりました。

秘仏為らぬ女性の秘部を、見せて頂ける。
有難い仏様を扉を開けて直に拝む事のできる喜びと重ねた言葉なんでしょうね。

このあたりが、粋な日本人って感じでイイですよね。

今じゃ言わないでしょうが、
且つて、ストリップ小屋では、踊り子さんが焦らしに焦らして、
客席の前まで来て、脚を広げた時、司会の方が、
『ご・か・い・ちょ・う・で・ご・ざ・い・ま・す----』って、
勿体ぶった言い回しで、アナウンスしてたのを思い出します。

そうそう、そして最前列で、目の前で脚を広げて貰ったおじいちゃんが、
手を合わせて、拝んでました・・・・

仏様のような有難い存在なんですよね。
不思議な魅力に包まれた、複雑な秘部、それが女性器だと言う事です。

今も、膝立ててる彼女の膝を持って広げる時、ドキドキするもんね。
御開帳』いいもんです。

次回も同じような話題、『観音開き』を取り上げます。
それでは、また。



三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ


スポンサーサイト



カテゴリ: オソソ

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  女性器  秘仏  秘部  御開帳 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 観音さまへの憧れ・・・  |  男の役目・・・⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ