FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

意地悪のススメ・・・ 

前回、書いたような微かな刺激によるスロー愛撫に関しては、
週刊誌なんかにもよく出ていたり、ブログにも書かれている事がよくあります。

そして、場合によっては、女性がくすぐったいと感じる場合は、
愛撫する場所を変えるなど、くすぐったいと言う感覚は性的刺激に対しては逆効果になるので、気を付けるようにって、書いてある事があります。

確かに、彼女との場合も、くすぐったくて大笑いして、
『やめて〜、お願い、くすぐったい・・』
って事があります。

特に、彼女をうつ伏せにして、腿の上に座り、背中からお尻に掛けて、
この左右合わせて10本の指でのフェザータッチをすると、
ウエストの括れの直ぐ上の辺りから、悶えるように腰をくねらせ始め、
我慢できなくなって、
『いや〜ん、やめて、くすぐったい』って言いながら、逃げようとするんです。

そんな時、
『ごめん、ごめん』って言って、別の場所に手を移動させると言うのが王道でしょう。
でも、それじゃあ、面白くないんです。

こんな時、ぼくが彼女に言うのは、一言。
『ガマン‼️』です。

素直な彼女は、グッと笑いを堪えながら、
『あ〜ん、意地悪トシが、現れた・・・・』って言ってますが、
この笑い、くすぐったい感覚を抑圧する行為が、どうも性感を高める作用があるように思えてならないんです。

口を抑え、くすぐったい感覚を体全体で受け止め、我慢する。
我慢してるのが分かれば、その時以上に、くすぐったい部分を責める。
それでも、耐える。
この感覚が、くすぐったい部分を性感帯に変えて行く。

毎回、こうなるかと言うと、そうでもないんですが、
定石ばっかりじゃあ面白くない、新しい事は生まれない。
これは、確かだと思ってます。

まあ、される方にとっては、意地悪って思うかもしれません。
彼女も、
『あ〜ん、意地悪・・・』って言ってますが、こう言う時って、ヌルヌルになってるんですよね。
ただ、本当に辞めてって言う時は注意です。女性によっては、蹴っ飛ばされますからね。

注意して、意地悪しましょう。
それでは、また。



三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ


スポンサーサイト



カテゴリ: 愛撫

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  愛撫  刺激  意地悪  我慢 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« もうひとつの意地悪⁉︎  |  微かな刺激・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ