06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

第八章 別れ⑥ 

襲いかかる愉悦の波に、崩れ落ちそうになった時、俊之が体をずらした。

麗子のバギナに飲み込まれるペニス、愉悦蠢めく壺の中で猛る官能の竿は、
別れの悲しみをかき消すかのように2人を繋いだまま絶頂の縁に導いて行った。

『あっつぁぁぁーー』

麗子は大きな声を発したかと思うと、下腹部の筋肉を波打たせ、
強烈にバギナが収縮をしたかと思うと、力を失い仰向けの俊之に抱きついた。
そして、俊之も、その激しいバギナの収縮の中、果ててしまっていた。


『はーぁぁ、俊・・・、よかったわ』

『ぼくも、これまでで、1番感じた・・・
シャワー、浴びてきてイイ?』

『イイわよ』

俊之は、シャワーを浴びながら、涙を流していた。
麗子も、俊之を見送った後、溢れる涙を拭いながら、心地よい愉悦の余韻の中、
いつの間にか眠りに落ちていた。

そして、シャワーから戻った俊之は、寝顔に軽くキスをした後、
服を着ると、メッセージを残し、部屋を出た。

『麗ちゃん、頑張れ』



谷田部麗子とは、結局、出発当日まで会えなかった。

『麗子さん、時々、大阪に帰って来るんでしょ?』

『そうね、でも、もう俊君に教える事ないし、
でもね、彼女とは、テクニックに走らず、ちゃんと見てあげるのよ』

『はい、でも、こっちに来たら声かけて下さいね』

『じゃあ、行って来るわ』

俊之は、大阪駅で麗子を見送った。
本来なら、新大阪で見送るべきだったが、多くの仲間が新大阪駅には来てるということで、
2人だけのお別れをしたかった。

改札を通り、離れて行く背中を見ながら、
ポッカリ穴が開いてしまって胸の内を感じていた。

こうして、俊之のセックスに大きな影響を与えた2人の麗子は、
それぞれの道に旅立って行った。

俊之は、谷田部麗子から教えられたセックスのテクニックと、
菊池麗子から貰った切ない恋心と恋する男女のセックスを、
しっかり心に留め、新学期を迎えていた。

そして、2回、3回の手紙をやり取りした後、音信は途絶え、
俊之も、大学4回生となり、研究室に配属された忙しさの中、
2人の麗子は思い出の女性となっていった。

(終わり)



三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: エクスタシー・パートナーep4 二人の麗子

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 乳首が好き⁉️  |  第八章 別れ⑤ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

検索フォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧