FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


中国の後宮・・・ 

ちょっと、話は飛びますが、
同時期に複数の女性とセックスする事を許されたという事で考えると、
歴史上には、将軍や皇帝の妃や側室などが暮らした『後宮』という制度があります。

まあ、後宮で日々相手を替えて楽しんだ将軍も居れば、
『跡継ぎを!』と日々言われ仕方なしに足を運んだ将軍も居る事でしょう。

有名な所を、いくつか書くと、
日本の江戸幕府、江戸城の『大奥』、中国の『後宮』、オスマントルコの『ハーレム』でしょうか・・・

ぼくの知識の中で、少し比較してみます。

まず、女性たちってどんな人かですが、中国の『後宮』については、
どの時代の制度を話すかによって大きく変ってくるようなんですが、
その辺は、やはり、中国4千年の歴史の賜物なんだと思います。

中国の歴史の中では、後宮が元で政治が乱れ、次の王朝に乗って変わられるという事が多く、
その度に『後宮』の制度改革が行われてきました。

その中で面白い対応だなって思ったのが、『明』と『清』の制度です。

簡単に言うと、明王朝の前は、高級官僚の娘を後宮に入れていたので、跡継ぎを産んだ女の親戚が政治に口を出すようになり、権力を握るなどの弊害があった。そして、それが元で国が滅んできた事実があった。そこで、明王朝がやったのが、庶民の娘から選ぶ。そして、徹底的に美人にこだわった。
勿論、処女のみです。このチェックをやったのが去勢した男、宦官と呼ばれる人達です。

庶民の若い女の子が、裸になってじっくりチェックされる、
それも、オチンチン切ったとは言え、元男にですから、大変な事だったと思います。
実際、処女のチェックってどうやったんでしょうね。

結果、庶民から見栄えだけで選んでるので、教育も行き届いていないし、
生まれてくる子は、元気だけど愚帝が多くこの制度も問題があった。

そこで、次の清王朝は、更なる制度改正を行います。
今度は高級官僚も、庶民の娘もダメと言う事で、中流家庭から娘を連れて来ることにしました。
結果、清王朝の末期には、後宮には美人が居なくなったと言うことです。

まあ、幾ら制度改正しても、元々無理のある制度であり、上手くいくはずがないですよね。
それでも、そんな立場の、男に一度はなってみたいものですね。

次回も続きを、
それでは、また。



三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト



カテゴリ: 精力

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  後宮  ハーレム  大奥  処女 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 魅惑のハーレム・・・⁉︎  |  二人の彼女・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ