06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

魅惑のハーレム・・・⁉︎ 

続いて、オスマン・トルコの『ハーレム』ですが、
ここの女性は、基本的に奴隷です。

侵略地域から連れてこられた女奴隷が、ハーレムに連れてこられていた。
管理運営役の役人も奴隷で去勢された男だったと言うことです。
そして、男は黒人、女は白人、特に女性では、ロシア人女性が好まれたと言われています。

跡継ぎを産んで、権力を得たハーレムのトップには、ロシア人女性が有名です。
この前書いたシャラポワも、ロシア美人だし、今でも色んな国で、ロシア人カフェだとか、
ロシア人カラオケなんて類が多く、ロシア人女性の透き通った白い肌は、今でも男に好まれますよね。

特に、イスラムの国では、白い肌のロシア美女は、特に好まれたようです。

それと、『ハーレム』と言うと、複数女性の中で、思うがままの快楽に酔うかのような状況を思い浮かべますが、やっぱり基本的には、ひとりひとりとの接触だったようです。

じゃあ、何で『ハーレム』が、多くの裸の女性に囲まれた官能の世界というイメージになったのか?
これは、西洋の人達が作り上げたイメージだったようです。

オスマン・トルコの時代に、イスタンブールを訪れた西洋人が、
『ハーレム』の存在を知り、東洋的、官能的なイメージを絵画で残した。
これが、後になっても受け継がれたという事のようです。



因みに、この絵は『トルコ風呂』という題が付いています。
そして、トルコ風呂という、日本の特殊浴場がありましたが、トルコ風の風呂として、
女性が男性に垢すりのサービスを個室で提供する場として始まり、赤線の廃止と共に職を奪われた女性が流れてきた事で、現在のソープランドの前身となったという事です。
少しは、このハーレムのイメージ、トルコ風呂が影響しているのかもしれないと、ぼくは思っています。

ただ、この絵に描かれた世界、ヨーロッパの芸術家の目には、オリエントの神秘のベールに包まれた官能の世界を、このような淫靡な世界で表現していますが、やはり多くの裸の美女に囲まれた官能の世界は男の夢なんだと思います。今でも『ハーレム・セックス』を、1人の男が複数の女性を相手にセックスする行為として、アダルトゲームやアニメの世界、風俗の世界では使われています。

ただ、このような行為は、ハーレムでも、一夫多妻制の中でもまず無かったという事です。
残念ですが、それでは、また。

三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: 歴史

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス、トルコ、ハーレム  ロシア人 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 江戸城『大奥』は・・・  |  中国の後宮・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

検索フォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧