FC2ブログ
05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

不倫は命懸け・・⁉︎ 

さて、江戸時代の不倫事情はどうだったのか?

この時代は、『不義密通』と言われていたんですが、
言うなれば、命懸けの行為だった。

命懸けの行為というのは、見つかった場合、斬り捨て御免が許されていた。
つまり、武士の妻が、他の男と密通している現場を押さえられた時、
夫が、その妻と間男を、斬り捨てたとしても罪に問われないという事です。

この為、確かに武士の中でも、身分の高い家では、不倫と云う事は無かったようですが、
身分が下がるにつれて状況は変わったようです。
というのも、男尊女卑の江戸時代であったにも関わらず、江戸という町の特殊事情が、
男女のセックスに関して少し特異な状況を作っていたようです。

その事情というのが、江戸の男女比です。
普通は、1対1の筈ですが、この時期の江戸は、女が1に対し男が2という割合で、
圧倒的に男が多かった。前回、裏長屋の話を書きました。
そして、その中で連鎖的にセックスが始まるなんて話を書きましたが、そうは中々ならなかった。
というのも、長屋で結婚して女房と一緒に暮らせる幸せ者は、そんなに多くなかったって事です。

この状況が、『不義密通』は重罪という法を一変させる。
現場を押さえて、斬り捨ててもイイし、番所へ届けても死罪にすることが出来るにも関わらず、
そうしない状況もあった。と言うより多かったという事のようです。

勿論、頭に血が上って、斬り捨ててしまうという武家もいたようですが少数だった。
こんな川柳もあります。

『馬鹿亭主 うちの戸棚を 開けられず』

亭主が、家に帰ったら、何やら様子が、女房の様子がおかしい。
どうも、色事の最中に亭主が帰ってきて、急いで間男が戸棚に隠れたという状況。

普通なら、戸棚を開けて、男もろとも女房も叩き出すか、
番所に連れて行く事になるでしょうが、折角、数少ない女の中、好きな女と一緒になれたのに、
女房を失いたくない。番所へ連れて行くとなると、世間に知られ、ダメ亭主の烙印を押されてしまう。

というわけで、戸棚を開けることが出来ない。
この状況を、歌った川柳です。

女房の好き放題って事です。
こういう状況なので、不倫のカップルというのは、独身男性と既婚女性の組合せが多かった。
そして、好きだとか嫌いだとかではなく、兎に角体の関係。
言うなれば、長屋の女房の摘み食いという不倫のパターンだったようです。

それでは、また。



ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト



カテゴリ: 歴史

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  不倫  不義密通  江戸 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 『色』と『恋』・・・  |  庶民のセックス・・・ »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2018/02/15 19:01 * edit *

Re: タイトルなし

鍵コメさん、

ありがとうございます。
今後とも、宜しくお願い致します。

Mr.としゆき #- | URL
2018/02/15 22:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ