FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

オーラルセックスの体位・・・ 

前回まで、クンニに関する短歌を詠んで来ました。
ただ、クンニにしても、フェラにしても、
オーラルセックスって、兎に角、相手を『逝かせる』事に走りがちです。

確かに、早く欲望を満たしたかった時期、
若かった頃は、男女共、それで良かったかも知れません。
唯、男も女も、30歳を過ぎ、セックスも成熟してくると、
オーラルセックスにも、求めるものが変わってくる。

そんな事、無いですか?

例えば、あの有名な大江戸48手の中に、
このオーラル・セックスに関わる体位が、幾つか含まれています。
その数、7手。
ちょっと、多いと思いません?

内訳で言うと、シックス・ナインが2つ、フェラが2つ、クンニが3つです。
まあ、この大江戸48手自体、春画から拾って、相撲の決まり手の数に合わせ、
48個の体位が選ばれたと言う事なので、
やっぱり女性が喘いでる姿の方が多かったと言う事なんでしょうか。

そういう見方をすると面白い事が分かります。
シックス・ナインの2つの体位は、男が上か、女が上かの2つで、比較的ノーマル。
フェラも、仰向けになってる男に対して、女が何処にいるかの2つで、これもノーマル。
それに反して、クンニの3つはどれも特徴的です。

これまで何度も話題にした『岩清水』は、顔面騎乗のクンニですし、
その他、『立ち花菱』は、マングリ返し状態でのクンニ、
最後に『鵯越の逆落とし』となると、かなりアクロバティックになって来ます。

一般的なクンニって言うと、男が女の脚の間に入って脚を広げて、時にはMの字に立たせるくらいで、かろうじて、彼女の表情が確認できるくらいの視線で、口とオソソが正対しているそんな姿勢なんでしょう。でも、男性目線から見ると刺激が少ない、だから48手の中に入らなかったのかも知れません。

『雁が首』っていうフェラの体位が、48手の中にあるんですが、
これは、ごく一般的な、フェラの体位です。
これが、入るなら普通のクンニが入ってもおかしく無いと思うんですが、
クンニに関しては、そうはならず、比較的、視覚的にインパクトの強い体位が選ばれている。
これも、48手が、男性によって作られたものではないか、と言う疑問の答えだと思います。

最後に、『鶯の谷渡り』って言うのもクンニ含んでるかも知れませんが、
言わば、これは、口での全身愛撫なので、今回は数に入れませんでした。

それでは、今日はこの辺で、
オーラルセックス、この後も続きます。



ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ


スポンサーサイト



カテゴリ: オーラルセックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  オソソ  クンニ  バギナ  48手  体位 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 危険な『岩清水』・・・  |  クンニの声・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ