FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


日本人はクンニ好き⁉︎ 

前回は、最前線のクンニについて書きましたが、
ノーマルって言う言い方も変ですが、
今日は、道具を使わないクンニについて書いてみます。

どれくらいの男性がクンニをするか、
日本では、比較的多くの男が好んでするようです。
お国柄で言うと、日本とフランスが盛んなようで、
まあ、江戸48手を見ても、幾つもクンニの体位が出てくる位ですから、
昔から、日本ではポピュラーな愛撫と言うか、セックスの方法だったって言うことでしょう。

さて、どんな体位として載ってるかと言うと、
最初から、マニアックですが、
『うぐいすの谷渡り』があります。
これは、男の頭をウグイスに見たてて、女性の二つの谷、胸の谷とオソソの谷を渡ってさえずる言うもの。
クンニだけではないですが、その一部になってると言うことです。

そして、『鵯越の逆落とし』って言う勇ましい名前の付いた体位ですが、
これは、男は立った状態でうつむせのじょせいの足を持って持ち上げて、クンニすると言うもの。
男女共に体力はいるし、女性の姿勢も苦しい、中々大変な体位です。
言うなら、アクロバットクンニですね。

次は、『岩清水』。
これは顔面騎乗の事ですが、岩の間から滴り落ちる清水を男が舌で受け止める。
綺麗な表現ですよね。

まだ有ります、『立ち花菱』で、女性の腰の下に枕やクッションをひいてのクンニです。
女性は足を広げ易くなるし、感じている時の足の動きも楽しめる、そんな体位です。

後は、『ムク鳥』と『二つ巴』。
どっちも69ですが、『ムク鳥』は、男が上のパターンで、『二つ巴』は女が上又は横の違いです。
男が上のパターンだけ別の名前になってるのが面白いですよね。

こんな感じで、48手の中に、6つもクンニの体位が載ってるんですから、
昔から、日本人は、オソソを舐めるのが好きだったって想像できますよね。

でも最近、様子が変わって来てる様です。
クンニ無理と言う男が増えて来てると言うことと、
女性でも、そんな所を舐められたくないって云う人が増えてるって言うんです。

きっと、潔癖症の人にとっては考えられない行為かもしれません。
絶対、ばい菌は居るでしょうからね。
とは言え、愛しい女性の感じる姿、乱れる姿を見たい、その思いで男は舐める。
そんな本能的な行為が、理性でストップかけられている。
人間としては、進化なのかもしれませんね。

女性の場合、舐められたくないという理由には、
あんな汚い所舐めるなんて考えられないと思ってる女性や、
コンプレックスを持ってて、舐められるのもだし、じっと見られるのもイヤと云う女性もいます。
クンニの後、直ぐにキスされるのがイヤと云う人もいます。
でも、時間を掛けて愛撫した後に少し舌で触れるとか、
ふたりでお風呂に入って清潔にした後にするとか、
ネガティブな思いを軽くしてあげれば、そんな女性も新たな快感を得られるでしょう。

特に、クンニと云う愛撫には、思いやり、気遣いと云うのが必要だと云うことなんでしょうね⁉︎

それでは、また。
スポンサーサイト



カテゴリ: オーラルセックス

テーマ: 気になるセックス事情 - ジャンル: 恋愛

タグ: オソソ  オマンコ  クンニ  セックス 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« クンニ後のキス⁉︎  |  空中クンニ⁉︎ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ