FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

おすすめ-初体験

古都・京都を舞台に繰り広げられる官能小説
『エクスタシー・パートナー』シリーズ第2弾


主人公・伊澤俊之のセックスと成長を描く、
シリーズ第2弾『初体験』

俊之の初体験をめぐるエピソード『初体験』
大学3年の夏休みに南の島で出会った麗子。
英会話教室の運営会社社員の麗子。
年齢の異なる二人の麗子の間で、
繰り広げられるセックス。

瞳に愛撫の手解きを受けた俊之の初体験は?

『淫夢』から遡る事、7年。
大阪を舞台に、
俊之の大学時代を描くシリーズ第2弾!
『初体験』是非読んでみて下さい。

クンニからの体位変化・・・ 

前回、クンニから、セックスへの体位の変化に付いて書きました。
特に、『鵯越えの逆落とし』では、それだけでは終われないのでって、前置きをしましたが、他のクンニでも同じです。仮に、彼女が逝っちゃったとしても男は終わって無いんやから、当然、続きはある。
そしたら、次の体位へってことになりますからね。

そしたら、『岩清水』と『立ち花菱』の体位変化についても考えてみましょう。

まずは『岩清水』からです。
これも、女性にとっては、刺激的な体位で、体位変化も女性主導でせざるを得ません。
そう考えると、中々、無理な体位変化は難しく、出来るとすれば、男が上にいる女性の腰を掴んで、顔の上にある彼女の下半身を、胸から、腹へと移動させ、そのまま挿入を促す。
これで、騎乗位でのセックスへの変化完了です。

まあ、顔面騎乗からは騎乗位。『岩清水』からは『時雨茶臼』ということです。
そして、女性に主導権を預け自由に動かせて上げる。
勿論、このまま、彼女に最後まで預けてしまうのも一手ですが、
ここで、もうひとつ加えると、繋がったまま、男が上体を起こして対面座位になり、女性の片足を肩に乗せると『帆かけ茶臼』。対面座位ながら結合部が丸見えになるので、エロさ、ハンパなし。
ただ、この体位は動きづらいので、やっぱり最後は、もう片足も肩に乗せながら彼女を押し倒して、男が上になり、『深山』へ。これは正常位ながら両足持ち上げてるので深い挿入感もあって、男にとって動かしやすい体位。自在に彼女をアクメに導けるので、フィニッシュにはバッチリです。

また。騎乗位の時に、胸が見えないのでつまらんと言う男もいるでしょうが、バック騎乗を挟むと、背面座位から、後背位『鵯越え』でフィニッシュというのも有りでしょう。

さて、『立ち花菱』はというと、女性は殆ど同じ体勢ですが、素直に『深山』っていうのがイイでしょう。そして、この『深山』でフィニッシュを迎えるというのでもイイでしょう。ただ、もうひとつ位というなら、女性の片足を下ろして跨ぎ、立っている足にしがみつけば『松葉崩し』です。



あんまり何度も体位を変えるのも、慌ただしい感じがするので、2回から3回位の体位変化にしておくのが、イイように思います。

あまり無理しないで、試してみて下さい。
それでは、また。

ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト



カテゴリ: オーラルセックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: セックス  クンニ  岩清水  立ち花菱  松葉崩し  深山 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 一瞬で・・・  |  アクロバティック・クンニ・・・ »

コメント

コメントの投稿

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Novel

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ