FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

お知らせ


今回、官能小説のレーベルを立ち上げました。
手始めとして、本ブログで掲載したエクスタシー・パートナーを見直し、
シリーズを再編成して、発行していきます。

まずは、『淫夢』及び『初体験』をアップしています。

五十嵐 圭介という名前で出ています。
今後とも宜しくお願いします。


Mr.としゆき


至福の体位・・・ 

ここで、フェラの体位の話をします。
前回、48手の中に、『雁が首』と『千鳥の曲』の2つが含まれていると書きました。

ただ、この2つ、クンニの体位とは異なり、何とも一般的な体位です。
先ずは、『雁が首』です。
これは、男が仰向けに寝て、その足の間からペニスを口を使って刺激するという体位。
女性は寝てもイイし、土下座するような姿勢になってもイイ。
まさに、ベットでのフェラの代表的な体位だと思います。

この体勢の中で、どのように口を使うか、舌を使うかが女性の技という事になります。

勿論、この『雁が首』という体位、ぼくは大好きです。
ただ、フェらしてくれている女性を見ていたい。
そんな願望があるので、ベットのヘッドボードと枕を使って、少し上半身を持ち上げる事が多い。
そして、ただ、フェラをしてくれているのを見るだけではなくて、
彼女が目を上げて目を合わせながらのフェラが、凄く官能的で好きです。

『どう、気持ちいい?』

『ああ、最高や・・・』

とか、うっとりしてる彼女に、

『どうや、逞しいやろ・・・』

『凄いわ、堅い・・・』

勿論、フェラの最中、こんな会話は出来ませんが、
こう言う会話を目でしてるような、淫乱で挑発的だったり従順だったりする目、
そして、目での会話。
これが、正対するフェラでの醍醐味だと思います。

そして、もうひとつ言うなら、女性の向こうに大きな鏡。
これって、女性が土下座状態でのフェラをしてくれていると、
お分かりでしょうが、お尻の奥に見える女性器の絵、凄くエロいんです。

大きな白いお尻の2つの丸い丘の間に見える、
女性のもう1つのふくよかな色着いた丘とその間の色着いた線。
エロい、これ、ホントにお勧めです。

最後に、『雁が首』の名前の由来ですが、
調べても、中々その意味が分かりませんでした。

この優雅な名前、何処から来たのか?

雁という字は、鳥の『ガン』とも読みます。
と言うことは、勃起したペニスが、ガンの首に似ていたのでは。

もうひとつ、『雁が首』の漢字の意味ではなく、音を重視して、『カリ』をまさに刺激する体位、
フェラの中でも、裏筋から『カリ』に正対できるのはこの体位だけですからね。

まあ、由来は、別にして、
男にとっては、至福の体位だと思います。

じっくり舐めて貰いたい。
そんな、体のコミュニケーションもイイもんです。
それでは、また。



ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ


スポンサーサイト



カテゴリ: オーラルセックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: フェラ  雁が首  ペニス  体位 

[edit]

tb: -- | cm: 0

« フェラの奥義・・⁇  |  即フェラの憧れ・・・ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

最新コメント

Tree-CATEGORY

月別アーカイブ