06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

フェラの奥義・・⁇ 

『雁が首』に代表されるフェラですが、
そのテクニックについてちょっと書かせて貰います。

あんまり男から、どうのこうのと言われたくないでしょうが、
女性の皆さん、気分を害せず読んで下さいね。

ぼくも、何人かの女性にフェラして貰った事があります。
それぞれ、どうして覚えたのか、個性がありました。
そんなに、AVを見る事も無いでしょうから、前の彼氏から教えて貰ったんでしょうか・・
そう考えると複雑ですが、絶品フェラの遍歴は、やはりそれなりに勉強されてるんでしょう。

フェラのテクニックは、大きく分けて2つ。
『咥え技』と『舐め技』です。
ディープ・スロートとイマラチオは、オーラルセックスのひとつでしょうが、
女性の使う場所が違うので、今回は触れない事にします。

『舐め技』で言うと、どこを舐めれば男が感じるかを知っている事が1番です。
ペニスで言うなら、亀頭。
女性器で言うなら、クリトリスに当たる部分ですから。
そして、更に狭くすると、カリであり、カリ裏から1つになり鈴口に至る線、
更に鈴口でしょう。敏感な粘膜に這う濡れた舌、なんとも言えない快感です。

竿の部分で言うなら、玉袋から鈴口に向かう裏筋が、男にとっては快感の道になります。
ここを、色々工夫して舐めてくれる、そんな女性が、フェラ上手って言われるんでしょうね。

『咥え技』で言うと、鍵は、唾液と吸う力でしょう。
何故か分からないけど、絶対、唾液の多い女性の方が気持ちいいです。
亀頭って、濡れている方が、敏感になるのかもって思うほど感じます。
そして、単に口を上下するだけじゃなくて、ほっぺたを膨らましたり凹ましたりして、
吸い上げる力が凄く大切で、亀頭だけ咥えて吸い上げられると、
もう、堪りません。



そして、応用技になりますが、奥義『手を使わないフェラ』です。
手でペニスを持って口に入れたり、舐めたりするのが普通ですが、全く手を使わないのが、この『手を使わないフェラ』です。

仰向けに寝て愛撫されている男、勿論、ペニスは勃起し、お腹に貼り付いている。
こんな時でも手は腰やお尻を愛撫している。そして、ペニスへの愛撫は口のみ。
これが、『手を使わないフェラ』です。

この状態、舐めるに当たっては、裏筋が上になっているので、舌を這わせるのは易しい。
そして、1番感じる亀頭裏から鈴口ここを丹念に舐めた後、その亀頭裏筋に口を尖らせてキスをし吸い上げ、その吸引力で勃起して抵抗するペニスを持ち上げ、口を亀頭の形にしながら亀頭だけを飲み込むように口に収める。この時の快感は格別です。

勃起したペニスは、堅くお腹にくっ付いて、中々、吸い上げられない。
これができて、『舐め技』も『咥え技』も出来る。この意味で『奥義』って書きました。

どうでしょう、フェラも奥深いです。
それでは、また。


スポンサーサイト

カテゴリ: オーラルセックス

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

タグ: ペニス  フェラ  雁が首  舐め技  咥え技  奥義  カリ  裏筋 

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 『千鳥の曲』とは・・・⁈  |  至福の体位・・・ »

コメント

奥義

難しくて想像が出来ません
でも多分、これに近いことはいつもやっている気がします
吸い込むフェラはやりすぎると、カリが痛くなります

グレース #NbDLPsmo | URL
2018/04/01 21:19 * edit *

Re: 奥義

グレースさん、

返事、遅くなりスイマセン。

きっと、女性にとってそんなに難しくは無いみたいで、
やってみるかどうかだと思います。

ちょっと吸い上げながら、頬をお腹に付けて頬擦りするようにして、
口の中に亀頭を入れちゃうんです。

『手を使わないで、咥えて』ってお願いしたら、彼女簡単にするかもしれません。
でも、気持ちイイんですよ。

Mr.としゆき #- | URL
2018/04/06 09:04 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

検索フォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧