06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

第ニ章 セックス① 

『俊君、逞しくなったわね。抱きしめられると、全然違うわ』

俊之は、瞳の口を塞ぐように強く唇を重ねると、直ぐに舌を瞳の口の中に差し込もうとした。

『あん、待って、そんなに焦らなくても・・・』

瞳は、俊之を落ち着かせると、今度は瞳のペースで唇だけの軽いキスから、俊之をリードし始めた。
瞳は、懐かしさと男臭さの混じった、可愛い教え子の唇の感触を楽しんでいた。
一方、俊之は気勢を削がれながらも、圧倒的な妖艶さに触れながら、唇から溢れる成熟した女性の生暖かい匂いに酔い始めていた。

2人は濡れた唇を少し離すと、今度は舌を出して口の外で舌を絡ませ始めた。
舌の先を合わせた後、お互い、舌の先で相手の舌を舐め、2本の唾液の糸が2人をつないでいた。

俊之は、成長した自分を見て欲しかった。
そして、口技だけではなく、セックスで瞳を満足させ、男としても成長したところを見せたいと思っていた。

再び、俊之は主導権を取り戻すと、かつて瞳に教えられた唇での愛撫を瞳の体の上に拡げて行く。

『はぁ、はぁぁ、あぁぁ』

徐々に、息が粗くなり、瞳の口からは甘い吐息が漏れ始めていた。
豊かな乳房の縁から円を描きながら、乳首に近づく舌。
瞳はその感触に期待しながら、繊細に、的確に性感帯を刺激する俊之の指使いにも魅了され、
下半身が熱くなるのを感じていた。

『俊君、イイ、上手よ、あぁーー』

俊之は、たわわにボリュームを増した瞳の乳房を右手で楽しみながら、舌を使って乳首を立たせて行く。舌の先で掘り起こすように刺激すると、素直に勃起する瞳の乳首、舌で摩り上げ、口に含み、歯で挟み、次々に新たな刺激を加えて行った。

勿論、もう一方の乳首も、俊之の左手親指と中指で挟まれ、摘まれ、捻られている。

『イイ、あん、あぁぁ、あぁーー』

瞳は、若き日の俊之の愛撫を思い出しながら、成長した男の愛撫に蕩けて行った。

乳房を離れ、下半身に迫る刺激が、瞳に更なる快感をもたらすと共に、次なる快感への期待を起こさせる。やがて、瞳は熟れた体を仰け反らせて愉悦を表現し始めていた。



ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: エクスタシー・パートナーep5 再会

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 第ニ章 セックス②  |  第一章 出会い④ »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

検索フォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧