06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

第ニ章 セックス② 

小刻みに震え始めた下半身。
そして、俊之の舌が瞳のクリトリスに触れた途端、瞳は1度目のアクメに達していた。

『あっつ、ダメーー』

一瞬体を強ばらせると、ガクガクと上半身を震わせる瞳。
それでも俊之は愛撫を止めなかった。
1番感じるクリトリスを離れ、熱い淫汁が溢れ出す女の穴を刺激していた。
そして、自らも熟れた瞳の女に触れ、濃厚な性を味わうと共に、芳醇で淫気に満ちた女の匂いに、体が侵されて行くのを感じ取っていた。

再び、瞳の口に愉悦の吐息が戻るのに時間は掛からなかった。
俊之は、瞳の秘所を舐めながら、微かに漏れ始めた快感の声を遠くに聞いていた。

淫気に満ちた、熟れた女性の体から溢れ出る匂いが俊之の意識を朦朧とさせ、
血は巡り、男の股間に集まり、熱く勃起していく。

『瞳さん、もう我慢できません・・・』

俊之は、瞳の脚をM字に起こすと、屹立したペニスを熟れた秘部に押し込んだ。

『うぐぐ・・』

瞳は、唸りながら俊之を受け入れ、前屈みになった俊之の首に両腕を回し引き寄せると熱く唇を重ねた。奥まで突き刺さったペニスの感触に体の奥から熱を帯び始める瞳。俊之もまた、熱く纏わりつく熟れた秘肉に男の先端から溶かされて行く、そんな恐れのようなモノを感じていた。
抱き合ったまま、ゆっくり腰を動かし始める俊之。
瞳も自然に腰が動き始め、2人は体の繋がりの中で快感に揺れて行く。
俊之はそんな中でも、ペニスで瞳の性感帯を探っていた。

(ここだ・・・)

俊之は、瞳のバギナの奥深くにあるもうひとつの口に触れた時の瞳の反応を見逃さなかった。



ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: エクスタシー・パートナーep5 再会

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

[edit]

tb: -- | cm: 0

« 第ニ章 セックス③  |  第ニ章 セックス① »

コメント

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

検索フォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧