FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

はじめに


ここでは、
ぼくの気になった話題を、自分なりに掘り下げて書いています。

関西人特有のおふざけなんかもあるので、
気分を害されませんように・・・

ブログランキングにも参加しています。
単純な男なんで、順位が上がれば励みになります。
3つ貼ってあるので面倒ですが、どうか全部、ポチッと押してやって下さい。

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

女性のパーツって美しい、貴方はどのパーツが好きですか?


Mr.としゆき

第五章 名器② 

瞳の腰の動きが俊之の性感を大きくコントロールし、口と指の愛撫が繊細に射精をコントロールしていた。
何度か焦らされ、益々昂まる性感に戸惑い始めた俊之は、射精時の恐怖を感じ始めていた。
これまで経験したことの無い長時間続く愉悦と、絶頂の山を登る度に押し寄せては堰き止められる精。
そして、一気にこの精を放出する時の想像できない快感。

俊之は、未知の快感への憧れと恐れを瞳に導かれるがままではあったが感じていた。

そして、自らも我慢しようと決意した時、ある事に気付いた。
瞳の中が変・・・
腰の動きが止まっているのに、膣壁が蠢いている。
俊之は、その纏わり付き、蠢くヒダによって更なる高みに導かれた。

最初感じなかったこのバギナの変化は、瞳の性感の昂まりと共に大きくなっていく。
徐々に、瞳のクールダウンの間隔が短くなっていたが、その蠢きは、その間も大きくうねり始めていた。

(これが、名器なのか・・・)

俊之は、心の中で呟き、経験したことの無い生き物の棲むバギナに喰われたペニスに神経を集中させた。

『イイィィ、瞳さん、動いてる・・・』

『ふふっ、俊君、我慢するのよ、男の子でしょ・・』

瞳自身は、自らのバギナの中で蠢くヒダに関しての認識はなく、完全にコントロールできていると信じていた。
そして、俊之も、絵もいえない快感に襲われながらも、小刻みに襲う震えの中、絶頂の縁に飛び込む事を堪えていた。

押し寄せる精・・・
瞳も、腰を動かし、上から俊之の表情を観察しながら、感じ始めた女の淫欲を抑えられなくなっていった。

『俊君、凄く大きい、まだこんなに大きくなれるなんて・・・』

『瞳さん、もう・・・』

俊之は、声を出せず、目をつむり首を横に振って伝えるしかなかった。
(もう、あかん・・・)

押し寄せる大量の精液で、いつも以上に怒張したペニス、瞳も俊之の限界を悟りながら、
それでも焦らそうとしていた。

『瞳さん・・・あかん・・・動いてる・・・』

『瞳さんーー』

瞳は、俊之の声に合わせ、ペースダウンした。
しかし、瞳の中の陰獣の蠢きが、俊之を絶頂の縁から突き落とした。

大量の精液を放出する激しい律動は、瞳の女性器の奥底に衝撃を与えると共に、一気にアクメをもたらした。
脈打つペニスをアクメを迎えたバギナが締め付け、ふたりは2度、3度と共振するかのように、体を震わせて愉悦を共有していた。




ランキングが上がると、テンションも上がります。
三つ共、ポチポチっと宜しく!
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト

カテゴリ: エクスタシー・パートナーep5 再会

テーマ: ちょいエロ☆でドッキドキ★ - ジャンル: 恋愛

[edit]

tb: -- | cm: 2

« 第五章 名器③  |  第五章 名器① »

コメント

名器

これは数の子天井でしょうか
こういう名器には出会ったことがありません
憧れます

グレース #NbDLPsmo | URL
2018/04/23 20:13 * edit *

Re: 名器

グレースさん、おはようございます。

そうですね、『ミミズ千匹』とか『数の子天井』っていう、ヒダ系名器のつもりです。
確かに、会ってみたいものですよね。

Mr.としゆき #- | URL
2018/04/26 08:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

メールフォーム

最新記事

Novel

最新コメント

月別アーカイブ

Tree-CATEGORY

ブロとも一覧